韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の30代は「集団うつ」状態? 現在だけでなく、未来に対しても悲観的

韓国の30代は「集団うつ」状態? 現在だけでなく、未来に対しても悲観的

中国メディア・環球網は8日、韓国の民間研究機関が実施した調査で、韓国の30代が「集団うつ」に近い状況になっていることが明らかになったとする、韓国メディアの報道を伝えた。

記事は、韓国・亜州経済の8日付報道を引用。韓国のある民間研究機関が昨年11月下旬に、15歳以上の韓国市民1000人を対象に実施した「2017市民希望認識調査」の結果が先日発表されたことを紹介した。この調査では、個人、社会、国、世界の4つのカテゴリーについてそれぞれ5つの項目について尋ねたという。

調査の結果、30-39歳の層が生活満足度、精神と身体の健康、経済状況などの多くの項目で「不満」の状態にあり、平均値より低い点数になった。記事は「韓国の若い世代が現在の生活に対して悲観的になっているのみならず、将来への希望も薄いと考えている。この層では、個人、社会、国、世界のすべてのカテゴリーにおける点数が平均値を下回った」と伝えている。

調査を実施した研究機関は、「30代はすべての項目において満足度が低く、集団うつに近い状況にある」との見方を示した。また、専門家からは「30代は社会の核となる層であり、韓国政府は住居、雇用などにおいてピンポイント、かつ、効果的な支援政策を提供すべきだ」との意見が出ているようだ。


韓国にとって2017年は多難の年だった。朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾と逮捕があり、高高度防衛ミサイル(THAAD)の配備によって中国との関係も冷却化した。このような状況も「希望指数」の低下に拍車をかけた可能性がある。2月の平昌五輪は、疲弊気味の韓国社会を少しでも明るくすることができるだろうか。
http://news.searchina.net/



全年齢帯のなかで30代が最も悲観的であることが調査で確認された。非営利民間研究所「希望製作所」は昨年12月20日から24日まで5日間にわたり全国15歳以上の男女1000人を対象に「市民希望指数」調査を行った結果を発表した。今回の調査は昨年に続いて2回目で、現在の暮らしに対する満足度と個人・社会・国家・世界の4つの分野でそれぞれ5つの項目別に点数を付ける方式で行われた。分野別満点は10点、項目別満点は5点だ。 

調査結果によると、30代は集団うつ症が疑われるほど、ほぼすべての領域で満足度点数が低かったと言う結果となった。30代は現在の暮らしに対する満足度(3.09点)や精神身体の健康(3.04)、経済状態(2.50)などほとんどの項目で、平均より低い満足度を示しただけでなく、個人や社会、国家、世界などの全般的な未来に対する希望のレベルも低かった。50~60代は2016年の調査では未来に最も大きな期待感を示したが、2017年の調査では最も絶望的な世代に分類された。

人生に最も大きな影響を及ぼす要素としては、「親の経済力」が昨年に続き一番目に挙げられた。特に20~30代の場合「親の経済力」の影響力が大きいという回答が半数を超えており、「努力しても望む未来を手に入れられない」という認識が、若い世代で広がっていることが確認できた。個人の努力は昨年に比べて6.2%ポイント減った一方、「親の経済力」と「生まれつきの才能」を挙げた意見はそれぞれ2%ポイント、8.9%ポイント増えた。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月10日 16:26 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp