韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の青年失業率9.9%…2000年以降で最悪

韓国の青年失業率9.9%…2000年以降で最悪

文在寅(ムン・ジェイン)政権は昨年の発足と同時に雇用拡大を最優先政策に掲げてきたが、雇用関連の統計指標が最悪を記録して雇用市場に赤信号がともった。統計庁が10日に発表した「2017年年間雇用動向」によると、昨年の青年失業率は9.9%、全失業者数は102万8000人に達したとのことだ。これは、現在の基準で統計を取り始めた2000年以降で最悪の数値だ。

また、就業者増加数は昨年12月現在で25万人にとどまっており、3カ月連続で20万人台だった。就業者数が3カ月連続で20万人台にとどまっているのは、世界金融危機の影響で2007年8月から10年3月までに続いた「長期雇用寒波」以来、7年9カ月ぶりだ。 文大統領は同日、年頭記者会見の冒頭に「就任後、真っ先に行ったのが雇用状況板の設置だ」と雇用政策を強調したが、1年目の成績は以前より悪化している。

雇用指標を見ると、昨年の雇用状況はほぼすべての分野で悪化した。 まず、青年失業者(15-29歳)が青年10人に1人に増加した。あきらめて就職活動をしていなかったり、アルバイトをしながらより良い仕事を探したりしているケースも含めた体感青年失業率は22.7%に達した。 経済専門家らは「大企業が採用に積極的に乗り出すよう誘導して良質な雇用を新たに生み出す試みもせず、公務員の採用ばかり増やしている現在の雇用政策では、青年失業の構造的な解決は難しい」と話している。


成均館大学経済学科のチョ・ジュンモ教授は「若者たちが望む良い雇用を現政権の雇用政策が生み出しているとは言えない。内需景気が急速に回復しない以上、青年失業率は今年も悪化するだろう」と述べた。
http://www.chosunonline.com/



最低賃金引き上げの動きは、決して日本に限ったものではなく、世界各国でも同様に観察される。例えば、ドイツは 2014 年 7 月に初めて全国一律の最低賃金を導入することを決定し、2015年 1 月から段階的に導入している。それまでドイツでは、労使自治を尊重して、法律でなく労働協約によって産業ごとに最低賃金を決めていた。しかし、労働協約の影響力が低下する中で、法律による最低賃金の導入が強く求められたのである。また、堅調な国内経済や良好な雇用・所得環境などを背景に、ドイツの最低賃金は、2017 年 1 月以降、現在の 8.5 ユーロから 8.84 ユーロ(+4%)に引き上げられる予定となっている。

米国では、現在、最低賃金引き上げムーブメントが巻き起こっている。米国のオバマ大統領は、2009 年の就任以来、連邦最低賃金を引き上げて中間層の底上げに注力する姿勢を示していた。例えば、年初に向こう 1 年間の施政方針を表明する「一般教書演説」において、最低賃金引き上げに関する内容を盛り込み、その実現に働きかけていた。しかし、現実には、連邦議会の合意が得られず、連邦最低賃金は 2009 年 7 月に 6.55 ドルから 7.25 ドルに引き上げられて以降、その水準のまま据え置かれている。こうした中、オバマ大統領は、自らの権限で行使できる大統領令(Executive Order)によって連邦機関と契約する企業の最低賃金を 10.10 ドルに引き上げることにした。この大統領令は、2014 年 2 月に署名され、新たな最低賃金は 2015 年 1 月から適用されている。

一方日本では、2016 年度は、最低賃金が 2015 年度から 25 円引き上げられることから、年収は 4.5 万円増加する。この数字からは、思ったほど年収は増えないという印象を受ける人が多いかもしれない。しかし、最低賃金は今後も継続的に増加する見込みであることを忘れてはならない。最低賃金1,000 円という目標が実現した場合、2015 年度(798 円)から 202 円増加する計算になり、その結果、年収は 36.4 万円増加する。家計の実質的な購買力を考えるならば、当然、物価上昇による実質所得の下押し分を考慮する必要もある。しかし、日本銀行の 2%のインフレ目標と安倍政権の 3%の最低賃金引き上げが共存する世界であれば、実質購買力は年率 1%ずつ継続的に増加することになる。さらに重要な点は、名目ベースで見た最低賃金水準で働く労働者の「所得のパイ」が明確に拡大するということである。所得のパイを拡大させることは、日本のデフレ脱却および経済再生に対してもプラスに作用する。

ただ韓国の場合、日本以上に中小企業雇用率が高いうえに、企業全体の技術力は日本企業技術が土台であるから成長戦略に欠けるわけで、もともと体感失業率も高いうえに、働く意欲が失われる社会では、最低賃金上昇効果は薄いどころかマイナスに働く。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月11日 09:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp