韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  日本、安倍首相の平昌五輪出席見送りを検討

日本、安倍首相の平昌五輪出席見送りを検討

日本の安倍晋三首相が、韓国側の要請した平昌冬季五輪への出席を見送ることを検討していることが分かった。 読売新聞は10日、日本政府高官が「(慰安婦合意をめぐる韓国政府の新方針)発表に加え、慰安婦少女像が韓国のあちこちに設置されている中、訪韓すれば安倍首相が持たない」と述べたと報じた。朝日新聞も同日「首相官邸の幹部が、安倍首相の平昌五輪出席について『ありえない』と述べた」と報じた。

日本政府は9日、韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官が「慰安婦問題は解決していないが、再交渉は求めない」と表明したことに対し「受け入れられない」として激高している。とりわけ、康長官の発言のうち「被害者のおばあさんたちがいちずに望んでいるのは自発的かつ心からの謝罪」という発言に強く反発した。 日本の河野太郎外相は、康長官の会見の後「合意は最終的なものだと両国が確認したにもかかわらず、韓国が日本に新たな措置を要求することは受け入れられない」として「国と国との約束は政権が変わっても責任を持って実施されなければならないというのが普遍的な原則」と反発した。

康長官は先月19日に日本で安倍首相と会い、平昌五輪に出席してほしいという文大統領のメッセージを伝えた。このとき安倍首相は「国会日程などを勘案して検討する。平昌五輪の成功を祈っている」として即答を避けた。昨年末に韓国政府の慰安婦タスクフォースが合意の検証結果を発表したときから、日本政府内部からは安倍首相の訪韓見送りを示唆する声が聞こえており、安倍首相の出席の可能性は低いとみられる。
http://www.chosunonline.com/


2018-01-11-k001.jpg

安倍晋三首相は28日、韓国政府から招請されていた2月の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックへの出席を見送る方向で調整に入ったと、日本経済新聞が29日報じた。旧日本軍慰安婦をめぐる韓日合意の履行が暗礁に乗り上げるなか、この時期の訪韓は望ましくないと判断したと、複数の日本政府関係者が明らかにした。日本政府筋は28日夜、「首相の韓国訪問は難しくなった。今韓国に行ってもいいことはない」との見方を示した。

平昌オリンピックの開催時期が通常国会での2018年度予算案の審議と重なることや、主要国の首脳が出席の意思を示していないことなども影響したとみられる。これに先立って、康京和外交部長官は19日、日本で安倍首相と会談した際に、安倍首相の平昌訪問を求める文在寅大統領のメッセージを伝えましたが、安倍首相は「国会日程などを踏まえて検討する」と述べ、回答を留保していた。日本経済新聞は、「北韓問題への対応を優先し、首脳間の対話を維持してきたが、日韓関係の悪化は避けられない情勢だ」と伝えている。 当然の対応だろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月11日 09:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp