韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  「韓国は小国なのでTHAADを配備する」=中国人ジャーナリストの「返し」に爆笑

「韓国は小国なのでTHAADを配備する」=中国人ジャーナリストの「返し」に爆笑

2018年1月12日、環球時報は、日本のテレビの国際討論番組に出演した際に同席した韓国人記者とのやり取りを紹介する、日本新華僑報の蒋豊(ジアン・フォン)編集長のコラムを掲載した。以下はその概要。 日本では衛星放送やケーブルテレビが発達していて、NHKや在京の民法テレビ局はそれぞれ自らの衛星放送チャンネルを持っている。そこでは国際時事評論番組が比較的注目されているのだ。

しばしばこのような評論番組に呼ばれて出演するのだが、多くのテレビ局が番組制作にあたって環球時報の報道を多く引用する。私は同紙の日本駐在特約記者も務めているため、同紙が注目されていることについて深い感慨を覚える。テレビではしばしば相手の意見を激しく批判することが求められるが、私はそうありたいとは思わない。

一昨年5月、米大統領選挙に関する討論番組に出演した時、私はトランプ氏が当選する可能性を70%と予測した。するとある米国人ジャーナリストがすぐさま「あなたはそもそも米国のことを知らない」と反応してきたので、私は落ち着いてほほ笑み交じりに「私が従事しているのは日中関係で、確かに米国については知らない。しかし、歴史の浅い米国は新しいものを好むということは知っている。8年前には、変革をスローガンに掲げたアフリカ系の候補が大統領に当選するなど誰が予測しただろうか」と応じた。そして、トランプ氏が大統領に当選すると、テレビ局は私を「預言者」と呼ぶようになった。





また、最近の番組ではある韓国人ジャーナリストが「昨年は、われわれは中国の強い圧力をひしひしと感じる1年だった。われわれは弱い小国であり、自らを守るために高高度防衛ミサイル(THAAD)を配備した。それなのに、中国はわれわれを守ると言ってくれないばかりか、制裁まで科してきた」と発言した。私は必要以上の説明をすることなく、にこやかに「じゃあ、もう中国にちょっかいを出さないでください」と言ったところ、その場にいたジャーナリストたちから笑いが漏れたのである。
http://www.recordchina.co.jp/

THAADミサイルは、アメリカ陸軍が開発した弾道弾迎撃ミサイル・システム。当初は、戦域高高度防衛ミサイルと呼ばれていた。THAADは、敵弾道ミサイルが、その航程の終末にさしかかり、大気圏に再突入の段階で、ミサイル防衛により迎撃・撃破するために開発された。従来このような役目には、パトリオットPAC-3が配備されてきた。しかし、パトリオットPAC-3は、比較的小規模で展開しやすいかわりに射程が短いため、高速で突入してくる中距離弾道ミサイルなどへの対処が難しく、また、迎撃に成功した場合でも地上への被害が大きくなるという問題があった。このことから、パトリオットPAC-3よりも高い、成層圏よりも上の高度で目標を迎撃するために開発されたのがTHAADである。

そもそも韓国が北朝鮮防衛でTHAADが必要かと言えば、隣の国に弾道ミサイルを打つかと言う議論になる。当然考えただけでも中国の防衛も含まれると考慮するのが普通だろう。いまだ中国からのTHAAD報復は終わってはいない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月12日 16:48 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp