韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  裁判所、朴槿恵前大統領の財産凍結を決定

裁判所、朴槿恵前大統領の財産凍結を決定

裁判所が36億5000万ウォン(約3億6500万円)の国家情報院特殊活動費を賄賂で受け取った疑いで起訴された朴槿恵(パク・クネ)前大統領の財産を凍結した。

ソウル中央地裁刑事32部(裁判長ソン・チャンホ)は12日、朴前大統領が所有した不動産と小切手に対する検察の追徴保全請求を受け入れたと明らかにした。追徴保全は、犯罪で得た利益を隠匿できないよう裁判所の確定判決前に財産の処分を防ぐ措置だ。

朴前大統領は昨年4月20日、三成洞(サムソンドン)の自宅を67億ウォン(約6億7千万円)で売った後、約28億ウォン(約2憶8千万円)で内谷洞(ネゴクトン)の自宅を購入した。朴前大統領はまた、1億ウォン(約1千万円)の小切手30枚をユ・ヨンハ弁護士に預けたが、これはまだユ弁護士が持っている。

裁判所が朴前大統領の財産を凍結したのは今回が初めてだ。朴前大統領はサムスン電子のイ・ジェヨン副会長などから592億ウォン(約59億円)の賄賂を受け取ったか、要求した疑いなどで裁判を受けているが、検察は、この金銭の最終使用者が朴前大統領ではなかったため、追徴保全を請求しなかった。
http://japan.hani.co.kr/


2018-01-13-k002.jpg

日本のメディア各社は、韓国の検察当局は、汚職スキャンダルで罷免・起訴された朴槿恵前大統領について、在任中に情報機関の国家情報院(NIS)から巨額の賄賂を受け取っていた罪で追起訴する方針を示したと。韓国メディアが4日、報じた事を伝えている。 検察情報に基づく報道によると、朴被告は大統領就任直後の2013年初めから2016年半ばまで毎月、5000万~2億ウォン(530万~2100万円)をNISから受け取っていたとされる。

総額38億ウォン(約4億200万円)に上る賄賂の受け渡しは大統領府の青瓦台(Blue House)近くの閑散とした駐車場や裏通りで行われ、NIS職員が朴被告の側近に手渡していたという。 韓国・聯合(Yonhap)ニュースによれば賄賂の資金源は、NISが情報活動のため領収書不要で支出できる「特殊活動費」だったという。 賄賂の使途は現時点では不明だが、韓国の報道によると、朴被告が個人目的で利用したり、支援団体の財源に充てたりしていたという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月13日 08:26 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp