韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  平昌五輪で、1年前まで汚かったトイレが最新式に大変身

平昌五輪で、1年前まで汚かったトイレが最新式に大変身

ちょうど1年前、平昌オリンピック組織委員会の最大の悩みは「トイレが汚ない」ということだった。当時、平昌周辺のトイレは、それこそ「田舍のトイレ」そのものだった。いくら超現代式競技場を建設し、完璧に大会を運営したところで、トイレが汚ければ、全て「水泡に帰す」というわけだ。当時の組織委員会のある職員の言葉だ。「外国人選手が韓国式の便器(和式便器)を背景に自撮りして『韓国ってこんな国』とでもインスタグラムにアップしようものなら、驚きのコメントが数百、数千とアップされることでしょう。韓国のイメージはどうなると思いますか」

実際に昨年2月、平昌で行われたテストイベントで、ある日本人観光客が「1年後、平昌オリンピックの際に気を付けなければならないトイレ事情」と題し、汚いトイレの写真と説明文をインターネットにアップ。これに共感した日本人たちのレスが数百にまで上った。一時、「アキレス腱(けん)」とされていた平昌や江陵のトイレ事情は、今では大きく改善されている。1年間にわたるリモデリング作業を通じて再整備を終えた。大多数のトイレが世界でも認められるほどの清潔さを備えた。オリンピックの「第一印象」であるトイレ(韓国語で化粧室)が化粧を終えたのだ。

平昌のメダル・プラザ近くに新たに建てられた「ヌンコ(雪花の意)公衆トイレ」を2日午後に訪れた。ドアを開けると、ぬくもりが感じられた。天井に設置された遠赤外線ヒーターのおかげで、トイレの室内温度は12-14度に維持されていたほか、水道の蛇口からは温水が出た。真冬の平昌の気温は、マイナス10度以下にまで下がる。このトイレを管理する大関嶺面の担当者は「外気よりも20度以上暖かいため、厳しい寒さに耐えかねた観光客たちが、寒さをしのぐこともできる」と説明する。便器横のごみ箱も排除したことで、悪臭も減った。

スポンサードリンク



一般の飲食店の大多数が汚かったトイレを改修した。1月3日までに江陵で230カ所、平昌で61カ所の飲食店がリモデリング作業を終えた。昨年の今頃、平昌、江陵地域で改・補修作業を終えた飲食店が30カ所にすぎなかったことを思うと、ほぼ10倍にまで増えた計算だ。暗くて汚かったある刺し身店のトイレは、約2000万ウォン(約210万円)をかけて照明を追加し、小便器などの施設を全部新しいものに入れ替えた。このうち、江原道が700万ウォン(約74万円)を支援した。同刺し身店のオーナーは「どんな外国人観光客が来ても、恥ずかしくない水準にまで改修した」と誇らしげに語る。
http://www.chosunonline.com/

中国メディア・国際在線は、韓国で来年開催の平昌五輪の開閉会式メーン会場となるオリンピックプラザで行われたイベントについて、「観客が寒さのあまりトイレで暖を取っていた」と伝えている。 オリンピックプラザは当初、ドーム型にすることが検討されていたが、経費などの問題から屋根が設置されていない。4日に行われたK−POPアーティストによる「ドリームコンサート」では、「3万人近くが寒さに震えながら観覧し、何人かが低体温症で病院に運ばれた」と伝えられていた。国際在線の記事では、「耐えられなくなった一部の観客はトイレに逃げ込んで暖を取った」とも伝えられている。

五輪が開催される2月はさらに厳しい寒さが予想される。韓国五輪委は開幕式には入場者にカイロなどを配ったり、防風設備を導入したりして「全力で防寒対策をする」としているが、果たして問題なく開催できるだろうか…。トイレを変えたところで、メイン会場が寒いのでは問題だろう。まして大寒波に大雪ならどうするのだろうか…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月13日 09:10 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp