韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本人が有給休暇を取ろうとしない理由

日本人が有給休暇を取ろうとしない理由

中国メディア・東方網は11日、日本で2年間働いた経験を持つ中国人が語る「日本人が積極的に有給休暇を取らない理由」を紹介する記事を掲載した。

記事は、「日本人はとても勤勉な民族で仕事を愛し、休暇を取りたがらないという言論をしばしばネット上で見かける。そして、仕事に対する熱心さはサービス残業となり、やがて過労死に至る人さえいるというのだ。

電車の中でくたびれて倒れこんでいるサラリーマンの姿は、日本人の仕事生活のシンボルとも言われる。では、日本人はどうして休まないのだろうか」とした。

そのうえで「日本企業にも有給休暇の制度はある。一般的に、入社年数が長いほど有休取得可能日数は増えていく。しかし、その取得にはみな慎重だ。特に新入社員は、自分が休むことで他人に仕事の負担が回ることを恐れて取得しづらい。日本人が持つ『他人に迷惑を掛けない』性格は、仕事や生活の隅々にまで浸透しているのだ」と説明している。

また、迷惑を掛けるのはお互い様ではないかという声もあるとしたうえで「しかし、日本では安易に有休を取らないということが伝統になっているのだ。他人に迷惑を掛けず、他人も自分に迷惑を掛けない。それみんなハッピーなのだ」と解説した。


記事は一方で「日本人でも休暇を取ることがある。それは冠婚葬祭の際の休暇だ。上司は部下の結婚休暇や忌引きを認めるとともに、お祝儀や香典も出すのである。ただ、冠婚葬祭の休暇を取るにも、通常の有給休暇の取得が多ければ上司や同僚の心証を悪くすることになる。そのため、極力普段の休暇取得を避けて、いざという時の冠婚葬祭休暇に備えるのだ」と論じている。
http://news.searchina.net/

2018-01-14-k001.jpg

日本人の有給消化率は相変わらず低い。これはなぜなのだろう。プレジデントオンラインでは、3月15日「有給休暇 取りづらい雰囲気を醸し出す『A級戦犯』の"腹の内"」という記事を公開。2016年の日本の有給消化率が世界最下位だったことを踏まえ、日本人が休暇取得に対して罪悪感を抱いていること、取得に理解のない男性管理職がいることなどを指摘している。周囲の目や職場の雰囲気が原因で、有給を取得できないということがままあるらしい。厚生労働省の調査でも、有給取得をためらう理由として「みんなに迷惑がかかると感じるから」(73.3%)が圧倒的に多かった。「職場の雰囲気」(30.2%)「上司がいい顔をしない」(16.1%)という理由を回答する人も多い。

有給休暇をとれと口では言いつつ、職能等級試験や特には人事考課などでは、大手企業でもいまだ、差があるのも事実。一方で技術や開発など、海外企業や海外事業と関連している部署は、普通に有給休暇を取得しているケースが多い。製造部門になるほどに、そして中小企業になるほどに有給休暇の取得は負担となるようだ…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月14日 09:17 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp