韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  振り袖被害2億円超か=「はれのひ」、仕入れ業者にも未払い

振り袖被害2億円超か=「はれのひ」、仕入れ業者にも未払い

振り袖のレンタルや着付けを手掛ける「はれのひ」(横浜市)が突然営業を停止し、成人式で晴れ着を着られない女性が続出した問題から、15日で1週間。 店舗がある横浜市や東京都八王子市など7市に寄せられた相談は、12日までに709件、契約額は約2億2707万円に上り、被害はさらに膨らむ恐れがある。捜査当局は詐欺容疑も視野に、経営実態の解明に向け情報収集を急いでいる。

問題発覚は8日。着付け会場となった横浜市港北区のホテルに着付師やスタッフが現れず、八王子市の店舗も閉鎖。新成人の女性ら約100人が成人式への出席を取りやめるなどし、交番に駆け込む人もいた。信用調査会社の東京商工リサーチによると、2016年9月期時点で、はれのひの負債総額は6億1000万円に上っていたことが判明。無理な店舗展開で人件費や賃貸料などコストが膨らんだとみられる。取引先の着物卸関係者は「晴れの舞台を台無しにしてしまい、娘さんたちに申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と話す。

被害は新成人だけにとどまらない。着物や小物を仕入れていた京都市の卸会社3社への未払いは、合わせて数千万円に上る見込みだ。ある会社は「風評で未収金以上の被害が出る恐れがある」と詳細は明かさないが、早い所は2015年ごろ未払いが始まったという。 着付け会場として昨年2月に予約された横浜市港北区のホテルへも、部屋の使用料約100万円が支払われていない。昨年12月27日に下見に訪れた社長の男性(55)に、ホテル側が支払いを求めたが、返答はなかったという。





一般的に、実態がある会社の場合、詐欺罪が適用できるのは経営が立ち行かなくなって以降の契約だ。式の1年以上前に購入やレンタル契約が結ばれた被害者もいるため、捜査当局は、経営陣がどの時点で破綻を認識したかなど財務状況に関心を寄せている。 社長とは連絡が取れなくなっており、既に海外に出国したとの情報もある。本社所在地を管轄する神奈川県警は、新成人や親族らから被害状況を聞いている。
http://news.livedoor.com/

成人の日に突然営業を停止した貸衣装会社「はれのひ」。警察などへの相談はおよそ740件、被害総額は2億円を超える。2016年9月期の決算で負債総額はおよそ6億1000万円あり、債務超過に陥っていたという。今回相談を寄せてきた被害者の7~8割は来年、再来年に成人式を迎える人たちという特徴があった。近年は振り袖関連が和服の売り上げのおよそ1/4を占めていることから、はれのひ株式会社被害者の会の松尾俊亮氏は「少子化も重なり、着物業界は競争が激化しており、高校生から勧誘するのはふつう」とその要因を指摘。また、人気の振り袖、自分の希望の時間をおさえるには2年前の予約が必要という。

被害者への取材から「今日中に現金一括で支払うと5%割引します」、「2日以内に入金がなければこの振り袖は店頭に戻します」、「約42万円の支払いなのに「カードは使えない」と言われた」など「はれのひ」の悪質手口が浮かび上がった。弁護士やこのような手口に詳しい専門家は「支払いにあてる現金がないと操業できなかったのでは」、「高額商品の支払いでカードが使えないのはありえない、倒産間際の会社に多い」と指摘する。一方で、被害にあった方々を救済するという意味で横浜、八王子はもう一度成人式の実施を検討している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月14日 16:42 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp