韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  高騰続く住宅価格、政府が税務調査と取締りを実施

高騰続く住宅価格、政府が税務調査と取締りを実施

最近、ソウル江南(カンナム)の住宅価格が高騰を続けると、政府は11日、金東兗(キム・ドンヨン)経済副首相兼企画財政部長官の主宰で関係省庁の懇談会を開き、高強度の税務調査と史上最高水準の現場取り締まりに乗り出すことにした。それほどソウル江南の住宅価格の上昇に政府が懸念していることを意味している。

政府は、昨年5月に発足後、ほぼ毎月不動産対策を次々と打ち出しているが、その効果は期待に及ばなかった。「6・19不動産対策」「8・2不動産対策」「10・24家計負債総合対策」など、多住宅者を主なターゲットにする不動産対策が6回に渡って出てきた。

その中で、昨年発表した8・2対策に基づいて、今月1日から、ソウル、釜山(プサン、7区)など分譲申込調整対象地域でマンションの分譲権を転売する時は、保有期間に関係なく譲渡税50%が適用される。4月からは多住宅者が調整対象地域内の住宅を売る時、譲渡税を重課する。基本税率に2住宅保有者は10%ポイント、3住宅以上の保有者は20%ポイントが加算される。長期保有特別控除からも除外される。

再建築マンションは、規制でがんじがらめになっている。8・2対策時に投機過熱地区に指定されたソウル、京畿道果川市(キョンギド・クァチョンシ)、世宗市(セジョンシ)などでは再建築組合員が保有しているマンションを、原則として売ることができない。今月1日から再建築超過利益取り戻し制度も復活した。投機過熱地区で3億ウォン以上のマンションを購入するときは、資金調達と入居計画を提出しなければならない。


10・24対策によって、今月末から住宅ローンを組む時は、新総負債償還率(DTI)が適用される。新DTIは、追加で住宅ローンを組む時、既存の住宅ローンの元利金をすべて反映して融資限度が減ることになる。今年下半期(7〜12月)は住宅ローン、クレジットローンなど、すべてのローンの元利金を反映する総負債元利金償還比率(DSR)も導入される。これに先立って8・2対策を通じて投機過熱地区と投機地域では、住宅担保認定比率(LTV)と従来のDTIも強化された状態だ。



このように、不動産市場を巡り、全方位的な規制が次々と出ているが、市場ではすでに次に出てくる対策に注目している。すぐに取り上げられているのは、総合不動産税と財産税などの保有税引き上げである。政府も保有税再編の影響力が大きいだけに、慎重に推進する方針だ。再編案は公示価格を実現化させたり、総合不動産税に適用する公正市場価額の比率を高めることが有力である。民間宅地に分譲価格上限制を適用することもできる。国土交通部は、「必要であれば、いつでも検討できる」と、可能性を開いて置いた。
(略)
http://japanese.donga.com/

2016年7月には、マンション、戸建て住宅、テラスハウスを調査したソウルの平均住宅価格が初めて5億ウォンを突破した。このうち戸建て住宅の売買価格は7億ウォンに肉迫した。KB国民銀行の「6月住宅価格動向調査」によれば、先月のソウル地域住宅平均売買価格は5億198万ウォン(約4489万円)で、前月(4億9904億ウォン)より294万ウォン上がった。ソウルの平均住宅売買価格が5億ウォンを超えたのは国民銀行が2008年12月に売買価格平均統計を作成し始めて以降初だ。住宅類型別に見れば、戸建て住宅が6億9423万ウォン(約6200万円)、マンション5億6292万ウォン(約5035万円)、テラスハウス2億5193万ウォン(約2253万円)だ。

ソウルの住宅価格上昇は首都圏内でも多少先行する可能性が強い。最近、江南の再開発マンションが高分譲価格問題のために上昇傾向が多少停滞したが、ソウルは依然として需要に比べて供給が不足している上に、貸切住宅の減少が加重され貸切保証金も高騰しているためだ。ソウル地域の貸切保証金価格はほぼ売買価格水準に迫っている。今後、供給が増えた一部の京畿道地域では下落傾向に転じる可能性がある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月15日 08:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp