韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のコンビニで「輸入ビール」が大人気…「アサヒ」「青島」販売1・2位

韓国のコンビニで「輸入ビール」が大人気…「アサヒ」「青島」販売1・2位

「4缶で1万ウォン(約1053円)」というマーケティングのおかげで、昨年、輸入ビールがコンビニエンスストアで飛ぶように売れた。特にアサヒ・キリン一番搾り・サッポロなど日本のビールが5位圏中に3つも入った。

中央日報がCU・GS25・セブンイレブンなど韓国のコンビニエンスストア3社の輸入ビール販売量を独自調査した結果、アサヒが売上1位に入った。販売量は4070万缶で、昨年大韓民国の成人1人がアサヒを「1人1缶」飲んだ計算になる。コンビニエンスストア3社の市場シェアは87%で、コンビニエンスストア全体として見ると約4500万缶程度売れたものと推算される。コンビニエンスストア3社は1位のアサヒの販売量だけを公開した。

輸入ビールのうち、日本ビールの善戦は最近急増した日本旅行と連動している。日本政府観光局(JNTO)によると、昨年日本を訪問した韓国人は約700万人で、中国人とほぼ同じだ。CUを運営するBGFリテールのイ・ヨング酒類MDは「日本旅行中に飲んだことのあるビールを韓国に帰ってきてからも買い求める傾向があり、これが人気の要因」と説明した。

2位は中国山東省青島に本社を置く「青島」が占めた。青島の人気はアサヒの事例のように、最近、韓国内に入ってきた中国食文化の拡散とみられる。昨年、韓国統計庁が発表した「2017年移民者在留実態」によると、15歳以上の外国人122万人のうち、韓国系中国人は40%を占め、彼らのうち相当数はソウル大林(テリム)・延南洞(ヨンナムドン)など中国僑胞・中国人密集地域の飲食店などで働いている。





業界は羊肉串・火鍋などの中国レストランが増え、青島ビールに対する需要が増え、これがコンビニエンスストアの売上にも影響を及ぼしたものとみている。2015年のバラエティ番組『SNLコリア』を通じて有名になった「羊肉串には青島」という流行語も人気に一役買った。昨年青島ビールの輸入額は2010年に比べ7倍以上伸びた。
http://japanese.joins.com/

中国のビール2位である青島ビールについて保有する20%弱の株式の売却を検討すると発表している。売却先は今後決める。2009年に株式を買い取って、同社を生かして中国事業のてこ入れを狙ったが、思い描く相乗効果が得られなかった。欧州の高級ビール事業を強化する考えで、事業の選択と集中を進める。

アサヒはインベブから計1兆2000億円を投じ、同社から西欧と東欧事業を相次ぎ買収してきた。欧州事業を新たな成長分野と位置づけ、資産の見直しなどを進める方針を示しており、6月末には、持ち分法適用会社で中国飲料大手、康師傅飲品の保有株全てを合弁相手である中国即席麺最大手、康師傅に約700億円で譲渡することを発表していた。 中国は世界最大のビール市場で経済の高速成長とともに拡大の一途をたどった。だが、景気低迷や習近平指導部の進める倹約令の影響などから13年をピークに縮小してきた。ただ、その中では高級ビール市場は堅調に推移している。

現地工場を持つキリンホールディングスの中国のビール事業は足元で好調に推移する。価格が高めのブランドとして主力ビール「一番搾り」が支持を集め、業績をけん引。16年のビールの販売数量は前年に比べて2桁増えたという。アサヒはスーパードライの販売は好調としており、自社販路で市場開拓を狙う。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月15日 10:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp