韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  アップル端末は利益151ドル、中国ブランドの14倍

アップル端末は利益151ドル、中国ブランドの14倍

市場調査会社カウンターポイントはこのほど2017年第3四半期の携帯電話端末メーカー各社の利益について調査を行った。関連データによると、アップル端末は1台あたりの利益が151ドル(1ドルは約111.8円)に上り、中国メーカーの平均値の約14倍だった。第一財経網が伝えた。

調査によると、アップル端末の利益は最高でサムスンの5倍近く、2位のサムスンは31ドルだった。華為は15ドル、OPPOは14ドル、vivoは13ドル、小米は薄利状態が続いており、同期もわずか2ドルだった。

同期にはアップルとサムスンの両ブランドで携帯産業の利益の75.7%を占めた。中国メーカーの利益はおしなべて低いが、16年と比較すると、アップルの同期の利益の割合は30%低下した。それでもアップルの利益が全体の59.8%を占めた。

サムスンは同期の利益の約26%を占め、強い勢いが戻ってきたといえる。なお16年は発火問題を受けて利益はほぼゼロだった。

華為、OPPO、vivoは合わせて利益の12%を占め、内訳は華為が4.9%、OPPOが4%、vivoが3.1%だった。 16年と比較すると、華為の利益が67%増加を達成し、OPPOは4位、vivoは5位に並んだ。小米の同期利益は41%増加と勢いをみせたが、それでも上位のライバルたちとの間には大きな開きがある。





中国メーカーの利益合計が四半期ベースで初めて15億ドルを超え、歴史的なブレークスルーを達成した。カウンターポイントのタルン・パタク副総監は、「これまでは、スマートフォン産業の全利益をアップルとサムスンの2つのブランドで分け合っていたが、中国ブランドが浸食しつつある」との見方を示した。
http://www.recordchina.co.jp/

テックインサイツ社の公式ブログによると、同社はここ最近でiPhone 8 Plusの分解のほか、過去10年間でリリースされたiPhoneのカメラやプロセッサーの進化についても検証を行ってきたとのこと。そして今回、iPhone Xの分解に着手。使用されているパーツの単価から予想原価額を叩き出した。気になる金額は……357.50ドル(約4万円)だという。米国での販売価格となる999ドル(約11万3000円)に対し、利益率は64.2%の結果になった。

ちなみに、テックインサイツ社がこれまで発表している他機種の予想原価額から利益率を算出すると、iPhone 8が59.2%、iPhone 8 Plusが52.8%、Galaxy S8で55%、Huawei Mate 10で59.2%だ。こうしてみると、iPhone Xの64.2%がいかに高いかがわかる。しかし、注意しなければならないのが、予想原価額はあくまでもパーツ代のみである点だ。iPhone XはAppleが初めて採用する機能が多数搭載されているモデルのため、開発費用がより多くかかっていると考えれば、納得出来なくもない。

販売価格から部品コストを差し引いた利益の割合で比較すると、iPhone8の59%と比べて、iPhone Xの利益率がやや高い計算となる。製造原価は、使われている部品の価格を足し上げたものであり、研究開発費、広告宣伝費、流通などに発生する費用が考慮されていない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月15日 10:27 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp