韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国で深刻な大気汚染スモッグ…中国のせいだとは言わせない!

韓国で深刻な大気汚染スモッグ…中国のせいだとは言わせない!

中国メディア・今日頭条は15日、韓国の首都ソウルで同日に大規模なスモッグが発生し、視界が悪くなったとしたうえで「今回はわが中国のせいにはさせないぞ」とする記事を掲載した。

記事は、「15日にソウルの大部分がスモッグに覆われ、視界が低下した。韓国国立環境科学院が同日発表した顆粒物の濃度データによると、ソウルのほかに江原道、忠清道、光州、全羅北道、大邱、慶尚北道で深刻な汚染状態となっていた。ソウル市ではスモッグ警報が出され、公共機関の車両使用が制限されるとともに、通退勤時間の公共交通の無料化措置が取られた」と紹介している。

そのうえで、「韓国は中国と張り合うことをこの上なく喜ぶ。文化では、学者たちがあらゆる中国文化を自分たちの者としたがり、そのために非常に滑稽な理由を持ち出して証明しようとする。しかしその一方で、われわれ中国に押し付けたがっているものもある。それがスモッグだ。韓国ではしばしばスモッグの原因が中国に押し付けられている。責任をなすりつけるやり方ではスモッグは解決できないというのにだ」と論じた。

そして、「中国のスモッグ状況が好転していることはみんな知っている。しかし、韓国人はなおもスモッグの原因を中国に押し付ける。ただ、今回はもうわれわれのせいにはできまい。これは自分たちが生み出したスモッグなのだから、どうぞ韓国人が自ら解決してくれ」とした。


中国のネットユーザーからは「彼らは、中国のスモッグが韓国に流れてきたから、中国の空気がきれいになりつつあると言うかもしれない」といった感想が寄せられる一方、「韓国の重度汚染レベルは、中国の良好レベルと一緒」、「中国のスモッグはいつ改善されたんだ?」、「むしろこれだけ厳しい基準を設けている韓国に学ぶべきではないか」、「確かに中国の大気汚染が韓国に流れている」など、記事の主張に懐疑的なコメントが多く見られた。



中国の大気汚染対策は着実に効果をあげてはいるものの、今の時期は依然として多くの地域で空気が著しく汚れていることが、各種のモニタリングデータから伺える。中国で生じた汚染物質が依然として韓国や日本に流れ、現地の空気を多少なりとも汚していることは否めない。ここはやはり、互いが協力して汚染の発生と拡散を防ぐための知恵を出しあっていくしかない。
http://news.searchina.net/

2017年3月21日、韓国の首都ソウルの大気汚染物質濃度が世界2位のひどい記録であることが分かった。韓国・聯合ニュースが伝えている。 世界各地における大気汚染の実態を監視する多国籍コミュニティー・エアビジュアルによると、2017年3月21日午前7時の時点で、ソウルの空気品質指数(AQI)は179と、世界の主要都市のうちインド・ニューデリーの187に次いで2番目にひどいことが明らかになった。インド・コルカタとパキスタン・ラホールが170で3位、中国・成都が169で5位、中国・北京が160で6位、コソボの首都プリシュティナが157で7位と続き、韓国ではソウルに近く国際空港のある仁川も139で8位を記録している。

2018年1月15日、中国新聞網によると、韓国の首都・ソウル特別市は、スモッグ対策の一環として、同日から大気汚染が激しい日の通勤・通学、帰宅の時間帯は市内の公共交通機関を無料にする措置を始めた。午前0時から午後4時の微小粒子状物質PM2.5濃度が1立方メートル当たり50マイクログラムを超える「重度汚染」で、翌日も同様の状態が続くことが予想される場合、バスや地下鉄が無料で利用できるという。この措置は市民に公共交通機関の利用を促すことが狙い。韓国では近年、大気汚染によるPM2.5濃度の上昇が問題となっている。

AQIとは大気中のPM2.5、PM10、一酸化炭素、二酸化窒素、二酸化硫黄、煤煙などの汚染物質の量を総合して算出するもので、その数値が高いほど大気汚染が激しい。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月17日 16:59 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp