韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  統一旗掲げての共同入場、11年ぶりに再現

統一旗掲げての共同入場、11年ぶりに再現

来月9日に開かれている平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕式では、南と北が単一旗の「統一旗」を掲げて共に入場する壮観が再現される。南北はもちろん、在日本朝鮮人総連合会(総連)の応援団まで加わった共同応援も行われる。南北は17日、板門店(パンムンジョム)で開かれた実務会談で、平昌五輪の開幕式で統一旗を掲げて、南と北の選手団が共同入場することで合意した。南北選手団の共同入場は2007年長春冬季アジア大会以来、11年ぶりのことだ。

南北が“単一旗”として合意した統一旗は、南と北が1990年北京アジア大会に単一チームとして参加するための協議を進めるなか、盧泰愚(ノ・テウ)政権時代の1989年10月に板門店で開かれた体育会談で誕生した。この場で白い下地に空色の朝鮮半島の地図を描きいれるという北側の提案を南側が受け入れたことで、単一旗として確定した。ただし、当時は単一チームの構成交渉が決裂し、単一旗は使われなかった。

その後、南北は交渉を続け、1991年に日本の千葉で開かれた世界卓球選手権大会とポルトガル世界青少年サッカー大会に単一チームとして参加することで合意し、朝鮮半島を描いた単一旗が初めて使われた。南北が分断後初めて単一旗を掲げて共同入場したのは、2000年シドニーオリンピック開幕式の時だ。その後、南北は、2002年の釜山(プサン)のアジア大会▽2003年の青森冬季アジア大会と大邱夏季ユニバーシアード▽2004年のアテネ夏季五輪▽2005年のマカオ東アジアゲーム▽2006年トリノ冬季五輪などでも、統一旗を掲げて共同入場し、世界から喝采を受けた。


同日の会談で、北朝鮮が230人規模の応援団を派遣して韓国応援団との共同応援に合意したことで、久しぶりに北側応援団の姿を見られるようになった。北側は2002年釜山アジア大会を皮切りに、2005年仁川(インチョン)アジア陸上選手権大会まで、3回に渡り大規模応援団を派遣したことがある。 ここに総連系在日同胞応援団の活動も保障することで合意しており、平昌五輪が南北及び海外同胞が集まる和合の祭典になるものと見られる。北朝鮮が選手団と応援団約650人を派遣した2002年釜山アジア大会の際も、朝鮮総連側は440人規模の応援団を送った。
http://japan.hani.co.kr/



朝日新聞は、韓国と北朝鮮は17日、板門店の韓国側施設「平和の家」で開いた次官級実務協議で、2月9日の平昌(ピョンチャン)冬季五輪開幕式に朝鮮半島を描いた統一旗を掲げて合同入場するほか、女子アイスホッケー競技に南北合同チームで出場することで合意したと報じた。韓国統一省が明らかにした。冬季五輪での合同入場は2006年のトリノ大会以来。北朝鮮は3月9日に開幕する平昌パラリンピックにも代表団など約150人を派遣するという。

協議には同省次官や北朝鮮の祖国平和統一委員会副委員長らが出席した。五輪に参加する北朝鮮選手団は女子アイスホッケーとフィギュアスケートペアの十数人となる見通し。正式な参加種目と規模は、20日にスイスの国際オリンピック委員会(IOC)の本部でIOCを交えた協議を経て決める。選手団は2月1日、その他の代表団は同7日に陸路で訪韓するとの事。

北朝鮮は五輪に応援団約230人も派遣し、南北のチームが出場する競技などを応援する。朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)の応援団の活動も認める。テコンドーの模範演技団約30人が江原道平昌とソウルで試技を行う。応援団の韓国への派遣は、02年釜山アジア大会(288人)、03年大邱ユニバーシアード(306人)、05年仁川アジア陸上競技選手権(124人)以来となる。完全に南朝鮮より北朝鮮主導で話が進んでいる様だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月18日 08:21 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp