韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  SKハイニックスの四半期の営業利益が4兆ウォンを突破

SKハイニックスの四半期の営業利益が4兆ウォンを突破

SKハイニックスは、昨年第4四半期(10~12月)に四半期営業利益が史上初めて4兆ウォンを突破した。その前年である2016年の年間営業利益(3兆2767億ウォン)を超えた規模である。昨年の四半期ごとの売上高と営業利益が最高記録を更新してきたSKハイニックスは、今年も業績上昇が続くだろうと予想している。

16日、SKグループと半導体業界によると、SKハイニックスは昨年第4四半期の売上高が約8兆8000億ウォン、営業利益は4兆2000億ウォンを記録したと暫定集計された。年間基準では、売上が29兆9000億ウォン、営業利益は13兆5000億ウォンに達する規模で、史上最高といえる。SKハイニックスは25日の業績発表を通じて、このような内容を発表する予定である。

SKハイニックスは、スーパーサイクルが今年中に終わるだろうという一部の予想と違って、今年の業績も昨年より上昇するだろうと予想している。社内では、SKハイニックスが今年初めて売上33兆ウォンを超える可能性が高いとみている。

SKハイニックスは、崔泰源(チェ・テウォン)SKグループ会長が強い愛着を示す系列会社である。2015年8月に光復節(日本植民地からの独立記念日)特赦で赦免・復権された後、真っ先にSKハイニックスの46兆ウォンの投資計画を明らかにし、昨年の東芝買収合戦でも自ら日本と中国で現場を指揮した。SKグループの関係者は、「SKハイニックスは現在、SKグループの強固なキャッシュカウの役割を果たしている。2012年にSKハイニックスを買収した崔会長の判断が6年ぶりに実を結んでいる」と語った。





崔会長は15日、京畿利川(キョンギ・イチョン)にあるSKハイニックスのチョンウン体育館を訪れ、SKグループの新入社員1600人に会った。この席で、「大企業も厳しくて潰れることがある」とし、「『共有インフラ』のような新しいモデルを作り、働き方を根本的に革新しよう取り組んでいるのは生命力を持つためだ」と強調した。崔会長が新入社員との対話をSKハイニックスで行ったのは、今回が初めてだ。
http://japanese.donga.com/

サムスンは日米韓連合による買収を嫌がっているわけで、半導体業界に詳しい関係者は、NANDメモリー事業は毎年、数千億円の投資が必要な金食い虫であり、データセンター向け需要の拡大で、投資競争はさらに激化すると指摘する。サムスンは昨年7月に今後、2兆円規模の投資を実行する計画を示した。東芝メモリも岩手県北上市に新工場を建設する計画で巻き返しを図るが、資金確保が課題。日米韓連合の対抗馬「日米連合」は中核企業であるWDに資金余力が少なく、「東芝メモリを買収しても弱者連合になる」(業界関係者)との指摘があった。

一方、日米韓連合は買収額の2兆円のほか、設備投資や研究開発費などで4000億円を用意する提案を示したとされる。同連合による買収で、東芝メモリの投資余力が高まるのは間違いない。韓国SKハイニックスとは製品面のシナジーが見込める。中国スマホはDRAMと呼ぶ半導体メモリーとNANDメモリーをセット搭載することが多い。SKのDRAMとNANDメモリーを組み合わせれば、東芝は両製品を手がけるサムスンと同じ土俵に立てるという事だ。権益拡大を目指す姿勢をにじませた。業界関係者も「将来はSKグループに統合しようとしているはず」と指摘する。SKハイニックスとの関係を深めつつ、経営への過度な関与をけん制する高度なかじ取りが必要になる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月18日 09:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp