韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  台湾 >  台湾はまさに日本車の天下・・・台湾人はなぜ日本車を好むのか

台湾はまさに日本車の天下・・・台湾人はなぜ日本車を好むのか

中国と台湾は似ているようで、大きな違いも存在する。たとえば日本に対する感情や、日本製品に対する支持度合いは中国と台湾における違いの1つだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、2017年に台湾で販売された新車のうち、約8割が日本車だったと伝え、なぜ台湾人はこれほどまでに日本車を好むのかと疑問を投げかけている。

記事は、台湾を訪れたことのある中国人ならば「台湾で最も見かけるのは日本車であることを知っている」はずだと伝えつつ、日本車メーカーは台湾の自動車市場をほぼ独占していると主張。さらに、これはデータでも裏付けられているとし、台湾の自動車市場の2017年1ー11月における新車販売台数のうち、日本車は約8割のシェアを獲得したとし、日本車は台湾でなぜここまで支持されているのだろうかと疑問を呈した。

これに対し、台湾独特の環境が関係しているとし、たとえば台湾は市場規模が大きくないため、中国ほど多くのメーカーが参入していないことを挙げたほか、日本と台湾は経済的に緊密で、台湾人消費者も日本製品を高く評価していることを挙げた。

続けて、台湾での売れ筋車種を見るだけでも日本車の人気ぶりがわかるとし、同期間中における販売台数1位はカローラで、15.5%のシェアを獲得したと紹介。また、販売台数2位から10位まですべてが日本車だったと伝え、実用性が高い車が評価される台湾において、日本車はほぼ市場を独占しているのだと伝えている。
http://news.searchina.net/

スポンサードリンク



日本の台湾との窓口機関である交流協会が台湾で行った世論調査では、もっとも好きな国として日本を挙げた台湾人が56%となり、これまでの調査で過去最高となった。これまでも台湾は世界一の親日国として知られ、ずっと台湾人の「好きな国」のトップを走ってきた日本だが、2位の中国(6%)、3位のアメリカ(5%)と10倍近い開きがある。

また、中国は韓国と並んで「嫌いな国」の1位、2位を競っていますから、実質的には2位はアメリカということになるう。台湾では昨年の日本への旅行者が初めて300万人を突破しました。この調査でもいちばん行きたい旅行先として日本を選ぶ人が42%とこちらもトップである。一方、「地球の歩き方」が日本で行ったアンケートでは、今夏の旅行先として台湾がハワイを抑えて人気ランキング1位となった。

一方自動車に関しては、台湾ではガソリンの価格が中国より安い事や、日本のレギュラーガソリンに相当のガソリン価格は1リットル21.6台湾ドル(約76円)、オクタン価が日本のハイオクに相当のガソリンが1リットル25.1台湾ドル(約94円)で販売されている。台湾では自動車の維持費が中国に比べて軽く、中国人ほど燃費性能にこだわる必要性は相対的に薄い。また台湾では中国で聞かれるような「日系車に対する批判」の声がほとんど存在しない。事実、台湾では日系車が非常にたくさん走っている。その理由について、「日系車はドイツ車と比べて重厚感はないが、価格がそこまで高くないので、多くの一般家庭に受け入れられている」という。台湾人にとって日系車を選ぶことが「ごく当たり前」の状況となっている。

多くの台湾人が日系車に乗っているのは日系車の燃費が良いことだけが理由ではない。台湾は親日だと言われ、日本の文化や日本の製品に対する評価も非常に高い。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月18日 10:34 ] カテゴリ:台湾 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp