韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国のキムチ、輸入が輸出の10倍…ほぼ全て中国産

韓国のキムチ、輸入が輸出の10倍…ほぼ全て中国産

中国メディア・今日頭条は17日、韓国でキムチの貿易赤字が過去最高になったことがわかり、韓国メディアから「キムチ宗主国の地位が危うい」との声が出たことを伝えた。

記事は、韓国の関税庁が17日に発表した貿易統計で、昨年の韓国におけるキムチの貿易赤字が4728万米ドル(約52億3000万円)に達し、前年よりも11%赤字額が増え、2000年に統計を取り始めて以来の最高額になったと紹介。金額とともに輸出入量の差も過去最大となり、輸入が27万5600トンと輸出量の10倍に達したとしている。また、輸入キムチのうち実に99%が中国産だったと伝えた。

韓国メディア・亜洲経済によれば、00年時点で韓国のキムチ貿易は7864万5000ドル(約87億円)の黒字だったという。しかし、低廉な中国産キムチが大量に韓国に入ったことで貿易黒字は縮小し、06年にはついに逆転、09年に一旦輸入が縮小したものの、それ以後は輸入が拡大し続けているとのことだ。

韓国農水産流通公社は最新の報告で、韓国の飲食店では一般的に中国産の輸入キムチが利用されており、輸入量の増加につながっているとした。また、キムチの輸出価格が1キロあたり3.36ドル(約370円)なのに対して、輸入価格は1キロあたりわずか0.5ドル(約55円)だと紹介している。





記事は、「日本は韓国キムチ最大の輸出対象国だ。円安や日本国内経済の疲弊、人口減などの影響により、日本におけるキムチ消費量が減少しており、韓国のキムチ輸出の低迷が続く主な原因となっている」との分析が出ていることを伝えた。
http://news.searchina.net/

韓国の食文化を代表する「キムチ」――だが昨年の輸出入額が記録的な赤字に陥ったことが韓国関税庁(KCS)が17日に公表した統計で明らかになった。市場に出回る低価格の中国産キムチに押されたためだという。 キムチは韓国料理の象徴であり、毎食付け合わせとして食卓にのぼるほど。起源がどうであろうと毎年のキムチづくりは現在も多くの家庭で恒例行事となっている。だが近年、市場には中国産キムチがあふれ、キムチの輸出より輸入が上回る「キムチ赤字」現象が起きている。世界キムチ研究所によると、2016年に韓国国内の飲食店が購入したキムチは89.9%は中国産との事。

また韓国関税庁によると、2017年のキムチ輸入量は27万5000トン超。このうち99%が中国からの輸入だった。これに対し韓国産キムチの輸出量は約2万4000トンにとどまった。キムチの貿易赤字額としては4730万ドル(約52億4000万円)。赤字幅は前年比で11%増で、統計を開始した2000年以降最大の赤字額となった。韓国農水産食品流通公社は、キムチ赤字の主な要因は価格だと指摘する。輸入キムチは単価が1キロ当たり0.5ドル(約55円)なのに比べ、韓国産キムチの輸出単価は1キロ当たり3.36ドル(約370円)だ。韓国産キムチの主な輸出先は日本である。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月18日 16:39 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp