韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮芸術団事前点検団の韓国入りが突然取り止めに

北朝鮮芸術団事前点検団の韓国入りが突然取り止めに

北朝鮮が20日に予告していた芸術団事前点検団の訪韓計画を急きょ取りやめた。これに先立ち、北朝鮮は19日午前、平昌冬季五輪の祝賀公演に出る北側芸術団の訪問の事前点検に向けてヒョン・ソンウォル三池淵(サムジヨン)管弦楽団団長を含めた7人の代表団を20日に派遣することを提案した。

統一部は19日夜、「北側が明日に予定されていた芸術団事前点検団の韓国側地域への派遣を中止すると通知してきた」と発表した。北朝鮮は同日午前、南北高官級会談の北側団長のリ・ソングォン祖国平和統一委員会委員長名義で南側の首席代表だったチョ・ミョンギュン統一部長官に通知文を送り、ヒョン団長など北側事前点検団を京義線陸路を利用して派遣し、滞在日程は1泊2日にすることを提案した。

統一部当局者は「北側が芸術団事前点検団の派遣を中止した理由は明らかにしなかったが、(事前点検団の派遣を)取り消したわけではなく、延期したものと見られる」とし、「週末にも、板門店連絡官が正常勤務を行うことにしており、関連事項を追加で確認する予定」だと明らかにした。

これに先立ち、南北は今月9日の閣僚級会談で、北側芸術団の派遣に合意したのに続き、15日の実務接触で三池淵管弦楽団約140人で構成された北側の芸術団が、江陵(カンヌン)とソウルで各1回ずつ公演をすることで合意した。

スポンサードリンク



また、北側芸術団の公演会場や舞台条件、必要な設備、機材の設置などと関連し、事前点検団の派遣に合意した。これによって、ヒョン団長をはじめとする北側事前点検団が韓国入りし、ソウルと江陵の公演場を見回って、韓国側関係者たちと公演日程や内容などについて協議するものと予想されていた。一方、今月17日に行われた南北次官級実務会談の合意に基づき、政府は同日午後、金剛山(クムガンサン)地域南北合同文化行事と馬息嶺(マシンリョン)スキー場での南北スキー選手の共同訓練と関連して、イ・ジュテ統一部局長を含めた先発隊12人を2泊3日の日程で23日に東海(トンヘ)線陸路を利用して派遣すると、北側に通知した。
http://japan.hani.co.kr/

産経ニュースもこの記事を取り上げている。北朝鮮は19日、韓国で2月に開幕する平昌五輪への芸術団派遣に当たって、現地を事前視察する代表団7人を20日から2日間の日程で訪韓させると通知したが、19日夜になって突然、中止すると韓国側に連絡したと報じている。韓国統一省が明らかにした。北朝鮮が送った通知文には中止の理由が記されていないという。統一省は、北朝鮮側に経緯の説明を求める方針との事。

北朝鮮は、玄氏が団長を務める女性音楽グループ「牡丹峰楽団」を2015年12月に初の海外公演として中国・北京に派遣したが、開演間際に突然、中止し、帰国した経緯がある。中国側が舞台でミサイル発射映像を流す演出に難色を示したことに、玄氏が強く反発したためだと伝えられた。 今回は政治的背景があるかどうか不明だが、最初の通知後、韓国側は同意していたという。しかし芸術団の受け入れをめぐっては、韓国内で金正恩体制の宣伝につながるとの懸念も上がっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月20日 08:21 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp