韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  60歳の高卒技術者がポスコ役員に昇進

60歳の高卒技術者がポスコ役員に昇進

「入社時には高卒の自分が役員になるとは夢にも思わなかった。後輩に『一生懸命にやれば、何でもやれる』という希望を抱いてもらえればと思う」

鉄鋼大手ポスコが最近実施した人事で常務補に昇進したソン・ビョンラク名匠(60)は「まだ実感が湧かない」と話す。ポスコの「名匠」は世界レベルの技術とノウハウで会社に寄与した現場社員を励ますため、2015年に導入された制度だ。電動機に関する最高の技術を持つソン氏は名匠第1号だ。そして、ソンさんはポスコの50年の歴史で初めて、名匠出身の役員になった。ポスコの社員数は約1万7000人。うち役員は80人(0.5%)にすぎない。大企業でもとりわけ役員に昇進するのが難しい企業だ。

浦項工業高校を卒業したソンさんは、家庭の事情で大学には進学せず、1977年にポスコに入社し、社会人生活を始めた。
「初等学校(小学校)時代に先生が電磁石を作るのも見て、とても不思議だった。自宅で自分で電磁石を作ろうとして、電線の被覆を剥き、(農具の)くわに巻いて、コンセントに挿した。通電して火花が散り、顔にやけどを負って大変だったが、『先生にはできるのになぜ自分にはできないのか』と思うばかりだった」

ポスコに入社し、電気修理課に配属になると、ソンさんは「ここで巨大な電磁石を作ることができる」と思ったという。ソンさんは「好奇心と熱情が今の自分をつくった原動力だ」と振り返った。ソンさんは現場で電線と取っ組み合い、電気工としての人生を歩み始め、電動機技術では第一人者になった。製鉄所で稼働している大型電動機の仕様もソンさんが標準化した。





2000年に浦項工場で熱延工程の電動機から出火し、大きく破損する事故が起きた。会社が日本メーカーに支援を求めると、「日本に運んで、6カ月以上かけて修理しなければならない」と言われた。一部工程を長期にわたりストップしなければならない状況だった。 当時ソンさんは「自分が修理するから、数日間だけ時間をくれ」と言った。周囲は「自分たちの技術ではどうにもならない」と止めた。しかし、ソンさんは4昼夜で修理をやり遂げた。そして、電動機がうなりを上げて動き出し、工場が再稼働した。
http://www.chosunonline.com/

2016年12月1日、LG電子は早々に役員人事を発表した。他の財閥の人事が遅れている中で、際立った速さだった。高卒でLG電子トップを発表し、その人事に他の財閥、特にサムスングループは仰天した。話題の中心になったのは、LG電子の副会長兼CEO(最高経営責任者)に昇格した趙成珍(チョ・ソンジン=1956年生)だった。家電事業などを統括する社長から、LG電子のCEOに昇格した。「高卒、洗濯機匠人、LG電子総司令塔に」。 12月2日付の「朝鮮日報」はこんな大きな見出しを掲げた記事を掲載した。

趙成珍氏は、1976年ソウルの龍山工業高校を卒業した。在学中に研修を受けて優秀奨学生になり、「金の卵」として当時、韓国で最大の家電メーカーだった金星社に入社する。LG電子の前身だ。 LG電子はこれまで、事業部門ごとに3人のトップがいる共同経営体制だった。今回は、趙成珍氏を「1人CEO」に任命した。産業界で驚きの声が上がったのは、趙成珍氏が、韓国の大企業ではきわめて珍しくなった「高卒CEO」だからだ。当時の金星社は日本企業とのつながりも深かった。金星社の会長と会ったことはあるが、当時には日本と良い関係を保っていた。

高卒を幹部に抜擢するほどに、高卒が見直されて、実務の重要さを理解することになる。大卒で幹部候補ばかり育てても製造技術が追い付かないのでは、企業は存続しない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月21日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp