韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮視察団が韓国入り 芸術公演会場など点検へ

北朝鮮視察団が韓国入り 芸術公演会場など点検へ

北朝鮮が平昌冬季五輪に合わせ「芸術団」を派遣するのに先立ち、公演会場などを確認するための視察団が21日午前、南北軍事境界線を越えて陸路で訪韓した。

昨年5月に発足した文在寅(ムン・ジェイン)政権で北朝鮮関係者が訪韓するのは初めて。

三池淵管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長ら7人は午前9時すぎに韓国入り。2日間、ソウルと五輪会場の東部・江陵の劇場を視察し、芸術団の公演会場を最終的に決定する。

視察団はソウルを経て江陵に向かい、1カ月前に完成した江陵アートセンターを視察するとみられる。江陵で1泊し、22日にはソウルの劇場を視察する予定。

韓国の文化体育観光部や統一部などの政府関係者と、公演プログラムなどを巡る本格的な実務協議を行う可能性もある。

北朝鮮は20日から視察団を韓国に送ると通知していたが、19日夜になって急きょ、取りやめると韓国側に通告。韓国は20日に視察団の派遣を取りやめた理由を通知するよう求めたが、北朝鮮はこれには回答せず、21日に視察団を派遣すると通知してきた。
http://news.livedoor.com/





北朝鮮は、平昌オリンピックに合わせて韓国に芸術団を派遣するのに先立ち、20日に韓国入りするとしていた視察団の派遣を一転して中止した。韓国統一省によると、北朝鮮は19日、女性音楽グループ「牡丹峰楽団」の団長・玄松月氏率いる視察団7人を20日から2日間、韓国入りさせたいと提案し、韓国側も受け入れた。しかし、19日夜、一転して派遣の中止を伝えてきたという。中止の理由は分かっていない。南北は、北朝鮮の芸術団「三池淵管弦楽団」が平昌オリンピックに合わせて韓国で公演を行うことで合意していて、「三池淵管弦楽団」の団長を務めることが明らかになった玄氏らが視察団として現地を確認する予定だった。

ところが、北朝鮮は、平昌オリンピックに合わせて韓国で公演を行う芸術団について、急きょ派遣を取りやめた視察団を、一転して21日から韓国に送ることになった。韓国統一省によると、北朝鮮は20日夕方になって、芸術団の派遣のための視察団を21日から陸路で韓国入りさせたいと改めて提案し、韓国側も受け入れた。視察団の派遣をめぐっては、北朝鮮は当初、平昌オリンピックに合わせて韓国で公演を行う「三池淵管弦楽団」の団長・玄松月氏など7人を20日から韓国入りさせたいと提案。一旦、南北が合意したものの、北朝鮮が一方的に取り消していた。理由は明らかになっていないが、対話の主導権を握るための揺さぶりとの見方が出ている。視察団は、21日と22日の2日間で、楽団が公演を行うソウルと北東部の江陵を訪れる見通しだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月21日 10:13 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp