韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  トランプが文大統領に『私が南北対話に寄与したと明らかにしてくれ』と言った

トランプが文大統領に『私が南北対話に寄与したと明らかにしてくれ』と言った

ドナルド・トランプ米大統領が4日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と電話通話をして、南北高官級会談開催の“功”を自身に回してほしいと要請したという米国言論の報道が出た。

ワシントンポストは20日(現地時間)、ソウル発の記事で「1月4日に韓国大統領が米国大統領に南北会談と関連して説明する電話通話で、トランプ大統領が文大統領に彼(トランプ)が会談条件の造成に役割を果したということを公開的に明らかにしてほしいと要請した」と報道した。同紙は南北高官級会談の内容に精通した人物にこうした事実を確認したと伝えたが、消息筋が誰かは明らかにしなかった。

その日の夜、トランプ大統領はツイッターを通じて「私が北朝鮮に対して総体的な“力”を行使するという断固かつ強力な意志を明らかにしなかったならば、現在の韓国と北朝鮮の対話と交渉が進行されただろうか」として、自画自賛する文を載せた。6日後の10日には、文大統領は年頭記者会見でトランプ大統領が南北対話にどれほど寄与したのかを問うこの新聞の記者に「トランプ米大統領の功績はきわめて大きいと考える」として謝意を表したことがある。

ワシントンポストはまた「この日の対話で、文大統領がトランプ大統領を『ミスター・プレジデント』と呼び、トランプ大統領は文大統領を『ジェイン』と呼んだ」として「韓国のビジネスエチケットでは想像できない略称」と指摘した。
http://japan.hani.co.kr/


2018-01-22-k003.jpg

北朝鮮との南北対話について韓国の文在寅大統領が「アメリカのトランプ大統領の貢献が大きい」と発言したことに対し、北朝鮮のテレビは不快感をあらわす文章を読み上げた。 北朝鮮の朝鮮中央テレビは、「錯覚してはならない」とする文章を読み上げ、その中で、文大統領が南北会談の実現についてトランプ大統領の貢献が大きいと発言したことについて、名指しは避けつつも「いくら他の目を気にしなくてはならない哀れな立場だとはいえ、対話相手を前にして無礼だ」と不快感を表している。

韓国大統領府によると、文在寅大統領とトランプ米大統領は10日夜、電話会談した。文氏は9日に開催した北朝鮮との南北閣僚級会談の内容を説明し、トランプ氏は「南北間の対話が行われている間はいかなる軍事的行動もない」と述べている。 両首脳は、南北対話が北朝鮮の平昌冬季五輪参加にとどまらず、核問題での米朝間の対話につながる可能性があるとの認識で一致した。トランプ氏は「適切な時期と状況で北朝鮮が望むなら、対話の窓は開かれている」と述べた。 トランプ氏は、平昌五輪にペンス副大統領をトップとする代表団を派遣するとも表明している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月22日 09:01 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp