韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国民は南北合同チームに冷ややか…文在寅政権に嫌気

韓国国民は南北合同チームに冷ややか…文在寅政権に嫌気

2月9日に開幕する平昌五輪への北朝鮮参加という“お題目”の前で、アイスホッケー女子の選手に犠牲を強いる韓国政府に対して若者が激怒していると韓国メディアが報じた。1月20日の国際オリンピック委員会(IOC)と韓国、北朝鮮の各オリンピック委員会など4者会談でアイスホッケー女子が合同チームで出場することで正式に決定した。既成事実のように協議が進められ、当事者の選手は置き去りの状況に「努力が反映されず、ひどく失望している」と反発していた。20~30代の若者は北朝鮮の「五輪ただ乗り」などと露骨に反対を表明し、まるで「平壌五輪」のムードに嫌気が差している。しかも大半が合同チームを推進している文在寅大統領の支持者だという。最近発表された15~29歳の失業率が9.9%で、現行の統計調査で過去最悪を記録。「ヘル朝鮮(地獄の朝鮮)」と形容されるほど生きづらい社会情勢が背景にあると専門家は分析している。

聯合ニュースなどによると、北朝鮮の平昌五輪参加問題で、韓国と北朝鮮は1月20日、スイス・ローザンヌでIOC、平昌五輪組織委員会と協議し、アイスホッケー女子のほかフィギュアスケート、スキーの3競技に北朝鮮選手22人が参加することで正式に決まった。開会式で朝鮮半島旗を掲げて合同入場することも了承。アイスホッケー女子には12人が参加するが、韓国代表監督の意向で実際に試合に出場するのは3人になる見込み。韓国政府は代表最終エントリーに北朝鮮の選手が加わる「23プラスアルファ方式」を選択し、「韓国の選手には被害がない」と語っていた。韓国メディアは北朝鮮選手3~8人の合流を予測したが、大幅に上回った。最終エントリーの増員には、平昌五輪1次リーグの初戦で韓国と対戦するスイス連盟が「公正ではない。競争を歪曲するものだ」と反発しており、今後も予断を許さない。





文在寅大統領は昨年6月、北朝鮮へ平昌五輪参加を呼び掛けた際に女子アイスホッケーの単一チームに言及していた。それが既成事実化して俎上に上るが、中央日報は当時実施したアンケートで合同チームの構成に「反対」する市民は95%に上ったと伝えた。この流れは現在も根強く、「積極的な韓国政府の推進姿勢と一般の人々と大きな温度差がある」と朝鮮日報は報じた。 それを物語るように、李洛淵首相はアイスホッケー女子が「メダルを狙える位置にはない」との認識を示し、韓国選手に被害意識はなく、「良いチャンスとして受け入れている雰囲気だ」と語ったと朝鮮日報は報じた。
http://www.sankei.com/

平昌五輪への北朝鮮の参加をめぐり、韓国政府がアイスホッケー女子の南北合同チーム結成を推進していることに韓国内で反対意見が噴出している。特に文在寅大統領の支持層であるはずの若者らが強く反発。合同入場行進で国旗ではなく、朝鮮半島を描いた統一旗を掲げることにも保守層を中心に拒否感が根強い。合同チーム案は9日の閣僚級会談で韓国側が北朝鮮に提案。既存の韓国代表23人に北朝鮮選手数人を合流させる構想で、政府は「韓国選手に被害はない」と説明している。だが、現行の規定では1試合に出場できる選手は22人に限られ、韓国選手の出場機会を奪うことになりかねない。

平昌五輪の注目は北朝鮮一色である。何とも異様な光景だ。普通ではありえない。オリンピックが北朝鮮との対話の材料となり、政治利用どころか、政治色一色である。誰のための冬季オリンピックかわからない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月22日 10:41 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
ピョンヤン・オリンピック?
[ 2018/01/22 16:28 ] [ 編集 ]
オリンピックを餌に韓国を乗っ取った北朝鮮
平昌オリンピックは今や、平壌オリンピックと揶揄されるほどに成り下がってしまった。
北朝鮮のオリンピック参加、美女軍団の訪韓などに浮かれた文在寅大統領。
国際ルールを無視し、北朝鮮選手枠を勝手に設ける等メチャクチャ。
正に北朝鮮の使い走り状態ですね。
オリンピック後のロウソクデモが目に浮かびます。
自分達の投票で選んだ大統領をロウソクデモで弾劾する、これを繰り返す。
ますます国の維持が無理となり、北朝鮮に支配される事になるだろう。
[ 2018/01/22 17:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp