韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  中国産キムチが韓国市場を侵食…韓国キムチ王国の悪夢

中国産キムチが韓国市場を侵食…韓国キムチ王国の悪夢

韓国を代表する食品と聞いて思い浮かぶものとして「キムチ」を挙げる人は少なくないはずだ。だが、近年ではキムチの本場である韓国も輸入キムチが非常に増えているようで、中国産キムチが韓国市場を侵食しているという。

中国メディアの今日頭条は20日、中国産キムチに市場を奪われる韓国について「キムチ王国の悪夢」であると伝え、韓国がどれほどのキムチを中国から輸入しているかを紹介している。

記事は、韓国の報道を引用し、韓国の飲食店では現在、提供されているキムチのほとんどが中国産に切り替わっており、韓国ではキムチの輸入量が輸出量を上回る要因となっていることを紹介。2016年の価格例ではあるが、韓国産キムチは1キログラムあたり3.36ドル(約370円)だったのに対し、中国産キムチは1キロあたり0.5ドル(約55円)だったと紹介、圧倒的に安価な中国産キムチが韓国産キムチを駆逐していると紹介した。

続けて、韓国関税庁が17日に発表した貿易統計として、2017年における韓国はキムチの「輸入超過」であり、超過額は503億ウォン(約52億円)に達し、前年よりも11%増となったと紹介。金額とともに量の差も大きくなっていて、輸入が27万5600トンであったのに対し、輸出量は2万4300トンにとどまり、その差は10倍以上に達したと伝えたほか、韓国が輸入したキムチのうち実に99%が中国産であったとも紹介した。





最後に記事は、韓国では毎年200万トン以上のキムチが消費されていて、地域や家庭によって味や使用する野菜が異るほど、キムチにこだわりを持っていることを伝える一方で、韓国でキムチ作りに使用される白菜のほとんどは中国産であることを紹介。まさに原料でも製品でも中国産が韓国市場を侵食していることを強調している。
http://news.searchina.net/

韓国国税庁が発表した最新の貿易統計によると、17年における韓国のキムチ貿易赤字は503億ウォン(約50億3000万円)で、16年よりも11%増加した。輸入量は27万5600トンで、輸出量2万4000トンの10倍以上だった。輸入の99%は中国産となっている。 中国産キムチの最大の優位性は価格だが、品質もよく、韓国では広く流通している。韓国農水産食品流通公社(aTセンター)によると、16年の韓国産キムチ輸出単価は1キロ当たり3ドル36セント(約372円)だが、輸入キムチは50セント(約55円)とかなりの差がある。 韓国はキムチの国際的な名称を「kimchi」とし、中国語表記を「辛奇」として、高級路線による国際的な普及を図っている。しかし、安価な中国産に押され、本場・韓国産キムチは劣勢が続いている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月24日 10:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp