韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国の通商圧力、韓国半導体産業に打撃懸念

米国の通商圧力、韓国半導体産業に打撃懸念

1980年代半ば、米国は対日貿易赤字が雪だるま式に膨らむと貿易報復を振りかざした。日本は85年、米国への自動車輸出台数を制限する自主規制措置を取るなど、米国の通商圧力に屈した。米国は同年9月のプラザ合意で日本の円切り上げを勝ち取った。その後、日本は円高で半導体産業が崩壊するなど打撃を受け、2010年以降まで後遺症に苦しんだ。

最近の韓国に対する米国の通商圧力も執拗(しつよう)だ。トランプ米大統領がこれまで対韓貿易赤字の解消を強調し続けてきたことからみて、洗濯機、太陽電池に対する緊急輸入制限(セーフガード)で終わる可能性は低い。貿易圧力が鉄鋼、化学だけでなく、韓国の輸出と経済を支える半導体にまで波及する懸念も出始めた。

米国は韓国製鉄鋼に圧力をかけ続けてきた。油井用鋼管、送油管、熱延鋼板、冷延鋼板など主な鉄鋼製品は大半が反ダンピング関税や相殺関税の適用を受けている。米商務省は11日、鉄鋼輸入が国家安全保障に与える影響を分析した「通商拡大法232条 」調査報告をトランプ大統領に提出した。トランプ大統領は報告書受理から90日以内に輸入規制などの措置を取るかどうか決定する。米国は17日には韓国など6カ国から輸入した大口径の鋼管に対する反ダンピング・相殺関税の調査を開始した。

米国は特に貿易赤字の元凶として自動車を挙げ、韓米自由貿易協定(FTA)の改定交渉で米国に輸出する韓国製自動車に米国産部品をもっと採用するよう求めているとされる。米商務省は昨年10月、韓国製のPET樹脂に対する反ダンピング調査に着手した。

スポンサードリンク


最も懸念されるのは半導体だ。米国際貿易委員会(ITC)は、自国企業からの特許侵害の主張を受け入れ、サムスン電子とSKハイニックスを対象に3件の調査を進めている。米半導体業者のビットマイクロは昨年12月21日、ITCにサムスン電子、SKハイニックスなどを特許侵害で提訴した。ITCは今月19日に調査開始を表明した。ITCが特許侵害を認定すれば、問題の製品は輸入が禁じられる。業界関係者は「米政府が業界の被害主張を受け入れ、洗濯機、太陽電池へのセーフガード適用と同様、半導体にも米国の保護貿易攻勢が続く可能性がある」とみている。
http://www.chosunonline.com/

トランプ政権が通商圧力を韓国最大の輸出品目である半導体に拡大する兆しを見せた。米国際貿易委員会(ITC)は昨年10月31日、サムスン電子が米国企業の半導体特許を侵害したかどうかについて調査に着手すると発表した。米国は韓国製太陽電池、洗濯機に対するセーフガード(緊急輸入制限)手続きに入るなど、全方位的な通商圧力を加えてきている。

ITCによる今回の決定は、昨年9月に米半導体パッケージングシステム業者のテセラによる提訴に基づくものだ。テセラはサムスンが自社の半導体パッケージング関連の特許2件を侵害したと主張している。問題の技術はウエハーを個別のチップ単位に切断し、電気的に接続した上で、外部の衝撃に耐えられるようにパッケージングを行う従来の方式とは異なり、ウエハーに先にパッケージングを施した上で、切断することにより、効率性を高める方式だ。テセラはITCに対し、特許を侵害したサムスンの半導体製品のみならず、ギャラクシーS8、ギャラクシーノート8など問題の半導体を採用したスマートフォンやタブレット端末、ノートパソコンについても、輸入禁止と販売中断を求めた。

ITCは関税法337条に従い、米国の企業や個人の知的財産権を侵害した製品の輸入禁止を命じることができる。ITCは2013年、サムスン電子の製品がアップルの特許を侵害したと最終判断し、ギャラクシーSとギャラクシーS2、ギャラクシータブなどの製品の輸入、販売を禁止した前例がある。一方、自動車関連の貿易黒字だけで対米貿易黒字(232 億ドル)の88.4%に相当する。他方、対米貿易赤字が大きい品目は、航空機・部品、半導体製造装置、肉類の順となっている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月24日 16:45 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp