韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮女子アイスホッケー、25日に鎮川入り…「10日間の集中強化」に突入

北朝鮮女子アイスホッケー、25日に鎮川入り…「10日間の集中強化」に突入

「2日間は選手たちを見守るだろう。どのように決定するかは誰も分からない」
セラ・マレー南北女子アイスホッケー単一チーム監督(30)が25日から忠清北道鎮川(ジンチョン)の国家代表選手村で、北朝鮮選手12人を含む35人の単一チームを率いて最初の訓練に入る。大韓アイスホッケー協会の関係者は「物理的に時間があまりにもない。北朝鮮選手らの競技力を評価した後に組織力を作らなければならない。選手たちをどのように起用するかは監督だけが知っている」と明らかにした。

目前に迫った単一チームの日程は2月4日に仁川(インチョン)仙鶴リンクで行われるスウェーデンとの強化試合だ。スウェーデンは、平昌(ピョンチャン)五輪本戦B組(韓国、スイス、スウェーデン、日本)に属し、世界5位の強豪だ。スイス(2月10日)、スウェーデン(12日)、日本(14日)戦など、五輪舞台のB組の試合を控えて開かれる単一チームの最後の強化試合だ。マリー代表チーム監督は、残る10日間で北朝鮮選手3人が活躍しつつチームの組織力が乱れない「ワンチーム」(One Team)を作らなければならない。

まず、25日から2日間、鎮川選手村で北朝鮮選手たちの技量や能力、凝集力などを評価する予定だ。ミニゲームを通じてスケート技術、パス能力、レシービング技術を見るのが目的だ。その後、最も適切と判断されるポジションに選手を配置する予定だ。アイスホッケーは2人のゴーリー(ゴールキーパー)を除いた20人のプレーヤーを5人ずつ1~4組に分ける。北朝鮮選手らは、守備力と相手の圧迫を中心とする4組に入ると予想されてきた。マレー代表チーム監督は「北朝鮮選手12人をすべて投入はしない。トレーニングを見守りながら、必要な資源を抜擢する」と明らかにした。国内選手らとのポジション競争も予告した状態だ。





北朝鮮の女子アイスホッケーチーム(世界25位)は、韓国チーム(22位)に比べて戦力が落ちるが、チーム内に優秀な資源はいる。韓国は国家代表チームが唯一だが、北朝鮮には多くのチームが参加する女子アイスホッケーリーグがあるという。韓国国内の女子アイスホッケー登録選手(319人)より多い920人が選手として活躍している。北朝鮮は単一チーム構成に備えて猛訓練を行ってきた。先週、スイスのローザンヌ国際オリンピック委員会(IOC)4者会議に出席した韓国側関係者は、「北朝鮮のアイスホッケー選手たちが早く韓国に来て単一チームに合流しなければならないと言ったところ、北朝鮮のキム・イルグク体育相が「本当に一生懸命準備している」とし、心配するなという口調で述べた」と伝えた。
http://japan.hani.co.kr/

外交・安全保障政策上の観点からは、「韓国政府が北朝鮮にいいように利用されている」などという批判が出ている。五輪の政治利用という観点から見ても問題だらけである。特に女子アイスホッケーの合同チーム結成だ。IOCの決定では、北朝鮮はスキー、スケート、女子アイスホッケーの3競技に合計22人の選手と役員やコーチなど24人を派遣することが承認されている。このうち女子アイスホッケーは12人で、試合ごとに北朝鮮の選手を最低3人起用する。五輪開催までわずかという段階で、韓国のアイスホッケー女子チームに、これまで一度も一緒に練習したことすらない北朝鮮選手を加えるというのは、この競技を多少でも知っている人であればとても考えられない話だ。

所謂捨て駒として、政治利用に活用したわけであるから、そのやり方と言うのは意地汚い手口でしかない。それを利用した北朝鮮のほうが上手でもあるが…。韓国より北朝鮮が目立つこの大会で、まともなオリンピックとなるのか…。スポーツ精神に反するのではと思いたくもなるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月25日 09:02 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp