韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国が反撃開始、米国に大規模な“報復関税”で対抗へ

韓国が反撃開始、米国に大規模な“報復関税”で対抗へ

2018年1月25日、韓国・ソウル経済によると、韓国政府は米国が太陽光パネルや大型洗濯機に対する緊急輸入制限措置(セーフガード)を発動したことへの対抗措置として、2兆ウォン(約2000億円)規模の報復関税を課す方針であることが分かった。米国の通商圧力が半導体や鉄鋼に拡散するのを阻止したい考えとみられている。

韓国の通商当局関係者は同日、「セーフガード関連の紛争は反ダンピング(不当廉売)と違い、判定後すぐに報復の権限が付与される」と説明し、「来月に世界貿易機関(WTO)に提訴する前に譲許停止(報復関税)を申請し、結果が出た後にすぐ報復できるよう準備をしている」と明らかにした。譲許停止とは、WTOの紛争で勝訴した国が被害を回復させるため、敗訴した国に報復関税を課すことを認める権利のこと。韓国政府は22日にも、16年にWTOで最終的に勝訴した洗濯機の反ダンピング紛争をめぐり7億1000万ドル(約770億円)の譲許停止を申請していた。

これについて、梨花女子大のチェ・ウォンモク教授は「洗濯機のクォータは120万台であり、年間300万台の輸出がそこまで減少する可能性を考慮すると、洗濯機だけでも報復関税の規模は大幅に拡大するとみられる」と指摘した。米国のセーフガードにより輸出の道が閉ざされた洗濯機と太陽光の輸出金額の規模が年間11億5500万ドル(17年11月累積基準、約1260億円)であることから予測すると、報復関税の規模は2兆ウォンほどになるという。また、韓国政府は太陽光に対するセーフガードについて、利害関係国と共同でWTOに提訴する案も検討しているという。





これについて、韓国のネットユーザーからは「よくやった!堂々と反論すべきだ」「いいぞ。ここで報復に出なければ甘く見られる」「素晴らしい決定。これでこそ国といえる」など韓国政府を評価する声が相次いでいる。また「韓国人は米国の食品を食べなければいい」「牛肉は米国産ではなく豪州産を選ぼう」「米国の兵器を購入しないと宣言するだけでも十分な報復になる」「武器の購入先を欧州に変えるのはどう?」などと主張する声も。

一方で「米国との対立がさらに深まってしまう」「通商戦争で米国と戦える国が存在するだろうか?」と懸念する声も見られる。その他「まずはロッテを攻撃した中国に報復するべき。米国が買わないと言っているのだから、提訴しても無駄」「中国の時は何もしなかったのに、なぜ米国には強く出る?」「韓国は中国に弱みでも握られているのだろうか」と指摘する声や「米国が日本を攻撃しないのはなぜ?」との疑問を示す声も上がっている。
http://www.recordchina.co.jp/

中国、韓国は米国のセーフガード発動に強く反発している。中国商務省は23日、「米国はすでに国内産業を過度に保護している。今回の処置は救済処置の乱用だ」と非難し、報復措置の検討を示唆した。韓国政府は同日、世界貿易機関(WTO)に提訴する方針を決めた。 米国と中韓との貿易摩擦が激しくなるのは必至だ。中国商務省は「中国はWTOの他のメンバーとともに、自身の正当な利益を断固として守る」と強調。韓国政府は23日、洗濯機メーカーのサムスン電子やLG電子、太陽光パネル製造のハンファQセルズ、現代重工業などと緊急の官民合同対策会議を開催した。 サムスン電子、LG電子は同日、米国内での生産開始や工場建設の前倒しなどの方針を表明し、米側の理解を求めた。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月26日 16:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp