韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  日本は今、再び韓流ブーム?

日本は今、再び韓流ブーム?

今月13日午後、新大久保(東京都新宿区大久保・百人町一帯)のコリアタウン。韓国語の看板を掲げた飲食店や化粧品店、カフェが日本人客で混み合っていた。韓国料理店の前に並んでいた女子高生イシダカナコさん(18)は、最近の薄氷を踏むような韓国と日本の外交関係について質問されると、「それはそれ、韓流は韓流。(慰安婦合意破棄問題に関することは)大人たちの話。私とはあまり関係のないこと」と答えた。

2012年以降の韓日関係悪化に触発された日本国内の反韓ムードで「没落の危機」に陥っていた東京のコリアタウンが復活しつつある。新大久保の韓国商店数は15年に330店まで減ったが、今年1月には440店と再び増えていた。近くの不動産関係者は「韓流ファンが再び集まり、1階で1坪3万円まで下がっていた賃貸料が5万円に跳ね上がった」と話す。

新大久保は韓国ドラマやK-POP人気により韓流ファンでにぎわっていたが、12年の韓日関係悪化の直撃を受けた。日の丸を持って「ヘイトスピーチ(hate speech:人種差別的な嫌悪発言)」を浴びせる嫌韓デモ隊400-500人が新大久保を占領した。新大久保語学院のイ・スンミン院長は「ここは韓流の街だったのに『デモとヘイトスピーチの街』になってしまい、『新大久保は危険な場所』というイメージが定着してしまった」と言う。12年に4万1017人だった一日の訪問者数が13年には3万7996人へと減少した。2002年の韓日共催サッカー・ワールドカップ時、両国国民が集まって応援し合い、韓日友好の象徴となった「大使館」などの韓国料理店も次々と閉店した。13年に628店あった新大久保の韓国商店数は15年に約330店まで減少した。





新大久保が復活したのは、韓日関係にそれほど神経をとがらせない10-20代を中心に「新・韓流世代」が形成されたためだ。読売新聞は先日、「旧世代が日韓関係の悪化などに神経をとがらせて韓流ブームも浮き沈みがあったが、最近の若者層はそのような傾向が薄くなってきている」と報道した。東洋大学の島川崇教授は「文化消費において、外交問題など政治的に流されない新世代が韓流の前面に登場したもの」と分析している。
http://www.chosunonline.com/

「日本最大のコリアタウンとして東京新大久保界隈にある韓国系店舗は現在計384軒」と伝えている。つまり、いくら店舗は減少したとはいえ、依然として「日本最大のコリアタウン」であることは変わりない。 しかしながら、「この4年近くで約4割も減少」した。さらに具体的にいうと、2013年と比較して、韓国料理店は約100軒も減少している。 韓国料理店にとっては、2012年に国内で飲食店での牛レバ刺しの提供が禁止したことも少なからず打撃になったようだ。「韓流再創造」をよそに、韓流とは別の角度から、かつての新大久保のイメージとはまったく異なるコンセプトの店が新たな挑戦を始めています。 とくに話題になっているのは、台湾に拠点を置くDOMO株式会社の「DOMO CAFE」。2017年9月19日にオープンしたばかりとなる。

コーヒー界のアカデミー賞とも称される「Nordic Roaster 2013」で1位に輝いた台湾の浅煎り豆と、京都の人気コーヒー店「カフェ・ヴェルディ」の中深煎り豆が看板商品で、注目の若手クリエイターたちが手がけたお店はおしゃれで、すこぶる癒し系なのだそうだ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月27日 08:34 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(2)
韓国の対日輸出が減り、訪韓日本人が減った
幾ら朝鮮日報が捏造記事を掲載しようとも対日貿易は減り、訪韓日本人も減っている事が全てを語っている。
[ 2018/01/27 09:56 ] [ 編集 ]
韓国流の錯視(見間違い)
~韓国旅行減少
~新大久保コリアンタウン繁盛
どういうことかというと、韓流経験は
韓国へ行かなくても新大久保で間に合う。

食い物、コスメ、アカスリ・・・
[ 2018/01/27 15:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp