韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  iPhone SE 2は今年の5月か6月に発売か

iPhone SE 2は今年の5月か6月に発売か

インドで組み立てが行なわれると噂のiPhone SEの後継機、iPhone SE 2が、2018年の5月もしくは6月に発売されると報じられています。

台湾メディアDigitimesのシニアアナリストのルーク・リン氏によれば、2018年のiPhoneラインナップは、5.7~5.8インチのLCD搭載モデル、6.0~6.1インチのLCD搭載モデル、6.0~6.1インチのOLEDディスプレイ搭載モデル、6.4~6.5インチのOLEDディスプレイ搭載モデルの4モデルになるとのことです。

今回の予測は、5.8インチと6.5インチのOLEDディスプレイ搭載モデルと、6.1インチのLCD搭載モデルの3モデルが発売されるというこれまでの予想とは若干異なっています。新作4モデルのうち、5.7~5.8インチのLCD搭載モデルは、iPhone SEの後継機のiPhone SE 2になるとみられており、インドのベンガルールに位置する台湾企業Wistronの工場で組み立てが行なわれるといわれています。販売価格を低く保つため、iPhone SE 2には3Dセンサーは搭載されないと推測されています。

iPhone SE 2はワイヤレス充電ができるよう、ガラス背面になると噂されており、A10プロセッサ、2GB RAM、1,700mAhバッテリー、1,200万画素のリアカメラと500万画素のフロントカメラが搭載され、ストレージ容量は32GBと128GBが選択可能となると昨年11月末に報道されましたが、あくまで参考程度にとどめておいたほうがよいと思われます。
http://news.livedoor.com/


2018-01-27-k010.jpg

iPhone XやiPhone 8/8 Plusから導入された、ワイヤレス充電機能。ようやくiPhoneもAndroidスマートフォンに追いついたか…と喜んでいたさなか、海外からは「iPhone SE 2」がガラス製バックパネルを搭載し、ワイヤレス充電に対応するかもという観測が上がっている。なお事前情報では、iPhone SE 2は「A10 Fusion」プロセッサや2GBのRAM、32GB/128GBの内蔵ストレージ、1200万画素の背面カメラに500万画素の前面カメラを搭載するなど、スペック上のアップデートも期待できるとしている。

IGiTiMES Researchのシニアアナリストであるルーク・リン氏がiPhone次期モデルについて予想している。同氏によれば、Appleは、当初2018年に2つの有機EL搭載iPhoneと液晶ディスプレイiPhoneの計3製品を発売する予定だったが、最近になって6.1インチの有機EL搭載iPhoneの開発を止め、5.8インチと6.1インチの液晶ディスプレイiPhoneと6.5インチの有機EL搭載iPhoneの3製品にラインアップ変更を行ったようだ。台湾のテックメディアであるDIGITIMESが伝えている。

予想によればこれらの機種はいずれもQiワイヤレス充電に対応し、TrueDepthカメラを搭載している。次期iPhone SEモデルに関しては、デザインはiPhone SEに似ているが、背面がガラスに変更されQiワイヤレス充電に対応しているとも予想されている。SE後継は3D Touchには非対応だがApple Payには対応しているようで、2018年5月~6月に発売される可能性があるとしている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月27日 16:06 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp