韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  中国 >  刺身も相撲も桜も「世界に知られた日本文化」は中国がルーツだった

刺身も相撲も桜も「世界に知られた日本文化」は中国がルーツだった

海外の人から「日本を代表する文化とは何か」と尋ねられたら、何を挙げるだろうか。着物や懐石料理、障子や畳など、衣食住について紹介する人もいるかもしれない。しかし、中国メディアの今日頭条はこのほど、今日において日本を代表する文化の多くは「日本生粋のものではなく、ルーツは中国にあるものばかりだ」と主張する記事を掲載した。

記事は、中国人にとっては「もともと中国が発祥であるのに、現代では日本の文化」と認識されているものが多々あることが我慢ならないようで、たとえば、西洋の外国人が「盆栽は日本の文化」と認識していることは不満であると指摘。そして、悠久の歴史を誇りとする中国からすると、日本はあらゆる文化を中国から学んだのに、後にそれらを自国の生粋の文化としていることに対して「受け入れがたい感情が存在する」と論じた。

続けて、すでに日本の文化として世界に浸透しているものとして「刺身、相撲、桜、和服、下駄、畳」を挙げて、それぞれ中国が起源の文化であると主張し、中国人としてはこれらの文化が日本文化として世界に浸透してしまっていることに不服を感じると論じた。例えば、刺身については、中国「商、周の時代の文献に中国料理として存在していたとし、唐の時代多くの高貴な人々が好んで食していた記録が残されている」と指摘した。

日本の多くの文化の源が中国にあることは周知の事実ではあるが、日本に伝来してから現代に至るまでの間に日本の風土の中で育まれ、保存され、定着したゆえに日本の文化と称しても虚偽にはならない。しかし、海外から評価される中国のイメージが中国人の抱いているものとは異なり、自らが誇る悠久の歴史ある文化のイメージを「日本に奪われてしまった」という感があるのかもしれない。





中国には非常に多くの世界遺産があることから分かるように、貴重な文化や遺産が数多く存在している。急速な経済発展によって中国は目まぐるしく変化しているが、多くの文化が急速に失われつつあるのも事実だ。中国の人びとがこうした貴重な文化の価値を知り、育んで行くことを期待したいところだ。
http://news.searchina.net/

相撲は人間の闘争本能の発露である力くらべや取っ組み合いから発生した伝統あるスポーツである。これによく似た形態のスポーツは古来世界各地で行われた。我が国の相撲の起源としては、古事記(712年)や日本書紀(720年)の中にある力くらべの神話や、宿禰(すくね)・蹶速(けはや)の天覧勝負の伝説があげられる。相撲はその年の農作物の収穫を占う祭りの儀式として、毎年行われてきた。これが後に宮廷の行事となり300年続くことなる。

また刺身とは、魚介類などの食品を生のまま小片に切り、醤油などの調味料で味を付けて食べる日本料理である。造りやお造りなどとも言う。「万葉集」には鯛を醤酢をつけて食べたという歌がある。永久4年(1116)の大饗のメニューに鯉鱠とともに鯉盛立、鯛盛立がみられる。この盛立は刺し身のようなものと考えらる。中国が起源と言うのも何とも言葉がないが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月28日 09:09 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(2)
中国の韓国化は酷すぎる
何でも中国が起源と主張するのでは韓国と同じレベルではないか。
自国が起源といってもそれを大事に育てていなくては無意味だろう。
例えば刺身が中国が起源と言っても中国人が自力でふぐ刺しを出してもふぐ毒で客を殺してしまうだろう。
和服と中国服は完全に違うし、下駄や畳なんて中国で普及していないので起源を主張するのはバカのレベル。
相撲のルーツなんて戦国の世に於いては武器が消耗してしまえば世界中何処でも格闘技として存在していただろう。
桜は日本の固有の物ではなく東洋のあちこちに自生していただろう、ただ日本が桜を増やし文化と言うレベルまでした。
中国は日本には無い貴重な文化が数多く有るのだからそれらを発展させれば良い。
[ 2018/01/28 10:23 ] [ 編集 ]
文化破壊の歴史
文化大革命で紅衛兵に文化遺産破壊をやらせた
中国共産党の歴史。オリジナルの価値を放棄した歴史。
日本がどうこうの話ではない。
[ 2018/01/28 12:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp