韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  北朝鮮、平昌五輪開幕前日に軍事パレードの動き、新型武器披露か

北朝鮮、平昌五輪開幕前日に軍事パレードの動き、新型武器披露か

2018年1月27日、韓国・聯合ニューステレビによると、平昌冬季五輪開幕前日の来月2月8日、北朝鮮で朝鮮人民軍創設70周年を記念する大規模な閲兵式(軍事パレード)が開かれると予想されており、その中でICBM「火星15型」、その他新型ミサイル公開の可能性も出ている。

米国の北朝鮮専門メディア「38ノース」は10日、平壌美林飛行場を撮影した写真を公開し、北朝鮮の軍事パレードの準備がかなり進んでいるとみられ、過去の写真との比較で兵力と装備が大幅に増えていることを伝えた。 韓国軍関係者は、「今まで行われた軍事パレードと同等の水準で行われるものとみている」とし、「多くの可能性を念頭に置いて監視している」と明らかにした。

北朝鮮の動きを受け、慶南大学極東問題研究所のキム・ドンヨプ教授は「核武力完成を宣言した以上、すでに発射された(大陸間弾道ミサイルの)『火星14型』や『(火星)15型』を見せて(武力を)誇示する可能性があり、これまでに発射していない新型SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)『北極星3型』や過去の(大陸間弾道ミサイルの)KN08を改良した『火星13型』を公開する可能性もある」と述べている。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「予定されていた米韓軍事訓練は延期にして、予定になかった北朝鮮の軍事パレードは実施か。統一部長官は北朝鮮の代弁者か?」「文在寅(ムン・ジェイン)は、このことを本当に知らなかったのだろうか?」「文政権は災いを及ぼす」など、現政権への批判の声が寄せられた。


2018-01-28-k006.jpg

また、「北朝鮮は金剛山でオリンピック前夜祭を恩着せがましく行い、韓国オリンピックをだしに韓国の資金支援を受けると同時に米韓合同軍事訓練を止めさせようとしている」と、北朝鮮の動きを批判する意見もみられた。 その他に「これでも平壌オリンピックではなく平和の祭典平昌オリンピックと言えるのか」とするコメントもあった。
http://www.recordchina.co.jp/

韓国で平昌冬季五輪が開幕する前日の2月8日を「朝鮮人民軍創建日」とした北朝鮮が、軍事パレードの兆候を見せていることについて、韓国の趙明均(統一相は26日、ソウル市内での講演で、「大規模な閲兵式を準備しており、保有するほぼ全ての兵器を動員し、相当威嚇的になる可能性が高い」と述べている。五輪をめぐって“平和的”な南北交流を進めると同時に、北朝鮮は大規模な軍事パレードで米国や韓国を威嚇しようとしている。にもかかわらず韓国政府は、五輪に向けてこれを黙認している。

五輪前日に韓国では北朝鮮の芸術公演が、平壌では大規模軍事パレードがそれぞれ北朝鮮によって行われ、翌9日には五輪開幕式に南北が仲良く合同入場することになる。それだけで異常値だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月28日 16:25 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp