韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  北朝鮮 >  南北、馬息嶺スキー訓練など他の合意事項は予定通り推進

南北、馬息嶺スキー訓練など他の合意事項は予定通り推進

南北は31日から1泊2日間、北側の江原道元山(ウォンサン)の馬息嶺(マシンニョン)スキー場で両スキー選手たちの合同訓練を実施する計画であることが分かった。北朝鮮が来月4日に予定されていた金剛山(クムガンサン)地域南北合同文化行事を電撃的に取り消したが、その他の南北合意事項はそのまま履行されるもようだ。

統一部当局者は30日、「馬息嶺スキー場の合同訓練と関連しては、北と大きな意見の違いはない状態」だとし、「すでに合意した通り、予定された訓練を進めることができるものとして、最後の準備を続けている」と話した。南と北は17日に開かれた次官級実務協議で、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕前に北の馬息嶺スキー場で南北スキー選手たちの合同訓練を進めることで合意している。合同訓練のための訪朝団は、選手と支援団など約40人規模で構成されることが分かった。彼らは江原道襄陽(ヤンヤン)空港と元山の葛麻(カルマ)飛行場を航空便で行き来する予定だ。飛行経路は旧朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)が咸鏡南道新浦市(シンポシ)琴湖(クムホ)地区に軽水炉を建設する際に利用した東海線航路と類似するものとみられる。

これに先立ち、北は29日夜10時10分頃に板門店(パンムンジョム)連絡チャンネルを通じて送った通知文で、「2月8日、建軍節閲兵式」などに対する韓国側のマスコミの報道態度を問題視し、2月4日に開くことで合意した韓国と北朝鮮の金剛山合同文化公演を取り消すことを知らせてきた。北は「南側のマスコミが平昌五輪と関連して北朝鮮が取っている真摯な措置を冒とくする世論を広げ続けている中、北朝鮮内部の祝賀行事まで言いがかりをつけてきたため、行事を中止せざるを得ない」という理由を挙げた。これに先立って、北は20日に予定された芸術団事前点検団の来韓も前日の夜“中止する”と通知していたが、1日遅れた21日に派遣している。





政府は30日昼12時40分頃、南北高官級会談の南側首席代表のチョ・ミョンギュン統一部長官名義で、北の首席代表であるリ・ソングォン祖国平和統一委員会(祖平統)委員長に通知文を送り、前日夜、北が金剛山地域南北合同文化行事を中止したことについて遺憾の意を明らかにした。 統一部当局者は通知文の内容と関連して「苦労して南北関係改善に一歩を踏み出した状況で、南北いずれも相互尊重と理解の精神をもとに合意事項を必ず履行しなければならないという点を言及した」とし、「南北双方が、平昌冬季五輪とパラリンピックの成功的な進行のため積極的に協力することで合意したため、合意したすべての行事が滞りなく進められるべきだという立場も伝えた」と説明した。
http://japan.hani.co.kr/

女子アイスホッケー南北単一チームの選手たちが、北朝鮮選手の誕生日パーティーを一緒に祝ったとハンギョレ新聞は伝えている。トーマス・バッハ国際オリンピック委員会(IOC)委員長(65・ドイツ)は、「これこそ五輪のメッセージと五輪精神だと思った」と話している。

一方、バッハ委員長は、平昌アルペンシアにある韓国選手団のウェイトトレーニング施設を訪問し、ユン・ソンビン、ウォン・ユンジョンなどスケルトンとボブスレー、そしてアルペンスキー選手たちと挨拶し、五輪での善戦を期待した。彼は続いて近くの横渓にある平昌組織委事務所に移動し、州の状況運営室(MOC)でイ・ヒボム委員長、キム・ギホン企画事務次長など、平昌組織委から大会準備状況を報告を受けた。この席にはグニラ・リンドバーグ調整委員長、クリストフ・ドゥビ首席局長選手委員など、国際オリンピック委員会の関係者が同席したという。また バッハ委員長は3~4日、平昌アルペンシアリゾートの近くにある国際放送センター(IBC)で国際五輪委員会執行委員会、6~7日と五輪閉幕日の25日には平昌ケンジントンフローラホテルで総会を主宰し、懸案を議論するとの事。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月31日 08:21 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp