韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  北朝鮮と対話できると思っている韓国の末路

北朝鮮と対話できると思っている韓国の末路

2月9日に開幕する韓国・平昌冬季オリンピック。開幕式に日米韓の「3者」が出席するこの瞬間は、3つの「停戦」の幕開けとなるだろう。1つ目は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と、先週ギリギリになって開幕式への参加を発表した日本の安倍晋三首相との間の停戦である。2つ目は、韓国政府とマイク・ペンス副大統領が代表するトランプ政権のとの間の停戦である。

そして、最も明らかなのは南北朝鮮間の停戦である。両国は統一旗の下で大会に参加し、北朝鮮側は、かつてナンバー2ともいわれた崔竜海率いる高官代表団を送るのではないかといわれている。しかし、ここで重要なのは、この3つの停戦がいつまで続くのかである。日韓の緊張関係は今に始まったことではなく、驚くことでもない。 文大統領は、北朝鮮の脅威に対応するために協力関係を強化し、戦争の歴史問題から生じる問題と広い意味での関係を分けて考えたいという望みを強調した。しかし同時に、慰安婦問題を解決するための2015年12月の合意に、つねに反対しており、彼の選挙綱領の1つとしていた。文大統領は、自身の左派政治基盤と、日本、そしてこの合意を推進した米国との良好な関係を維持する必要性の両方のバランスをうまくとろうとした。

安倍首相もまた、右派からの圧力、特に自民党内からのものと、2つの北東アジア同盟国間の安全保障協力の強化を求める米国からの声を反映した実質的な結果を出すことに力を入れてきた。こうした中、安倍首相は、文大統領と韓国の行動に制裁を与える方向に向かっているかと思われていた。実際、日本の外務省高官たちは、先週末までは、安倍首相は開幕式に出席しない、と外国人記者たちに伝えていたのである。


ここへきて一転、参加を決めた背景には何があるのだろうか。ベテランの日本の政治記者たちから聞いた見解の1つは、安倍首相は、特に2020年の東京オリンピック開催国となったからには、平昌の開会式を欠席することはできないということは初めからわかっていて、これは彼の単なる演技だったということだ。文大統領に最大限の圧力をかけるために、また自身の支持者の反韓感情を利用するためにギリギリまで待っていたというのである。



安倍首相が参加を表明した後、先週の日本での報道で浮上した別の説は、彼が「古き友人」である米国の圧力に屈したというものだ。これらの報道によると、2月7日に韓国に行く途中に日本を訪れる予定のマイク・ペンス副大統領は、安倍首相にもオリンピックに出席するよう促したという。私が政府高官に確認したところによると、この報道はおおむね正しい。 なぜペンス副大統領は、安倍首相に圧力をかけたのか。 トランプ政権は歴史問題の重要性を認識しているからだと考える人がいるかもしれないが、そうではない。 むしろ、米国は、文大統領による南北協調への流れを心配しており、北朝鮮に対する団結した圧力が弱まるのを恐れているからだという。つまり、ペンス副大統領は、文大統領を同調させるために安倍首相に、開幕式に参加するよう依頼したのだ。
http://toyokeizai.net/

安倍首相の開会式出席については、慰安婦問題について韓国の文在寅政権が新方針を示したため自民党内の保守系議員を中心に反発がおき、欠席するとの報道が大勢だった。なかでも開会式は欠席するべきと主張していたのは、スクープインタビューを掲載した産経新聞だ。19日付朝刊の一面コラム「産経抄」では、それでも党内の重鎮である二階俊博自民党幹事長や公明党の山口那津男代表らから出席を求める意見が相次いでいることに「論外である」「茶番劇になりかねない平和の祭典に首相として関われば、北朝鮮の思うつぼだ」などと記している。

二面では「首相 ぎりぎりの決断」と題した内幕記事を掲載。政府高官の話として「米ホワイトハウスからも、安倍首相に開会式に出てほしいという強い要請があった」とのコメントを紹介している。そのうえで、記事本文で「韓国に対し、行き過ぎた対北朝鮮宥和政策に走らないようクギを刺したい米国が、パートナーとして安倍首相を指名した形だ」と解説している。 そもそも米国は、今月9日に行われた韓国と北朝鮮の南北閣僚級会談を歓迎しているのは事実。トランプ政権で本流にいるティラーソン国務長官らは、現時点では戦争回避のために対話路線に持ち込むことで一致している。一方、安倍首相だけが圧力一本槍で、軌道修正せざるをえない状況に追い込まれていたのも事実。慰安婦問題で日韓両国で不信感があっても、目前に迫っている戦争危機の対応とは別に考えるのが当たり前。その意味では、安倍首相は出席反対派に惑わされることなく、理性的な判断をしたということだが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年01月31日 08:34 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
日米で韓国に決別を言い渡しに行く
北朝鮮に対する制裁を韓国が無視している事を重く見た日米が韓国に決別を言い渡すために韓国に行くのであってオリンピック等眼中に無い。
永遠の裏切り者、韓国よさらば !!

[ 2018/01/31 09:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp