韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  運動アプリで“米軍秘密基地”を捜し出したセキュリティー専門家

運動アプリで“米軍秘密基地”を捜し出したセキュリティー専門家

先週末、運動アプリ「ストラバ」のビッグデータを分析して、世界各地の主な機密軍事施設の位置を把握できるという事実が知らされ、軍事当局者が“戦慄”を感じた。ビッグデータを分析した人は、サイバーセキュリティー専門家のネイソン・ルーサー氏と知らされたが、米国のニューヨークタイムズが30日(現地時間)、タイで夏季休暇中だったオーストラリアの二十歳の大学生ルーサー氏とインタビューした。

ルーサー氏は、キャンベラにあるオーストラリア国立大学で国際安保を専攻する大学生だった。米国防部が状況を検討していると明らかにするほど、軍事当局者に大きな危機感を呼び起こした張本人だ。しかし本人は、これと言った反応があるとも期待せず、タイで悠悠自適の夏休みを楽しんでいた。「フィットビット(Fitbit、位置追跡装置を利用した運動測定機器)が安保をおびやかすなどと誰が思いますか?」ルーサー氏は自分も驚いたと反応した。だが、ストラバ熱地図でシリアを調べると、米軍基地が(軍人の運動による)熱で光っているのが見えた。彼は自身の分析資料を公開する前に、安保イシューに関心を持った人々が集まるツイッターチャットグループで意見を交わした。苦心の末に先週末、ツイッターにストラバ熱地図ビッグデータを分析した資料を基に、シリアなど紛争国にある米国の軍事施設を露出させた。

ストラバはユーザーがランニングや自転車などの運動をするたびに位置情報をデータとして蓄積する。ユーザーどうしが運動情報を互いに交換し、同じ運動をするユーザーをソーシャル・ネットワークで結びつけもする。特に昨年11月に発表したヒートマップ・サービスは、ストラバ使用者の携帯電話のGPS情報から収集した移動経路を地図上にに表示し、熱の動きに沿ってユーザーが実際に動いた動線を描いたイメージを提供する。


2018-02-01-k003.jpg

このサービスを活用すれば、軍施設の位置はもちろん、軍人の移動経路まで追跡できるということをルーサー氏が発見したのだ。たとえば、アフガニスタンのカンダハル米空軍基地周辺の熱地図を分析すれば、人影が少ないこの地域では米軍の動線がそっくり現れる。
http://japan.hani.co.kr/

STRAVAとはランニングやサイクリング、スイムなどのスポーツ系アクティビティを記録し、様々なデータの分析を行ってくれる便利なサービスです。WEBでもアプリでも使えますし、アプリを入れたスマートフォンを持ってランニングすればGPS時計を持たなくても計測出来る優れ物だ。

フィットネスアプリを手がけるストラバは、昨年11月に掲載した世界のヒートマップについて、データ量がこれまでの6倍になり、ストラバを通じて記録された活動は、2017年9月の総計で10億に達したと発表した。ストラバのユーザー数は公称数千万人。更新版のヒートマップには、世界3兆地点での情報が記録されているという。オーストラリアの学生で、世界の紛争地帯の分析を行っているIUCAのアナリストでもあるネイサン・ルーサー氏(20)は27日のツイッターで、この地図によって米軍基地が明らかに判別できるようになり、地図上に示すことが可能になったと指摘している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月01日 08:28 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp