韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  新幹線は本当に安全なのか、「安全神話」は真実か…

新幹線は本当に安全なのか、「安全神話」は真実か…

JR西日本によれば、2017年12月11日に東海道新幹線名古屋駅にて運転を取りやめた「のぞみ34号」の台車に亀裂などが発見され、新幹線初の「重大インシデント」に認定された。中国でも新幹線の高い安全性は広く知られていただけに、今回の重大インシデント認定は大きな関心が集まった。

中国メディアの中国科技網は29日、新幹線の高い安全性は「安全神話」と呼ばれてきたことを紹介しつつ、「新幹線は果たして本当に安全なのか、それともただの誇張された話だったのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

記事は17年12月11日に起きた重大インシデントの事故についての調査はまだ終わっていないと伝える一方、現時点で分かっている情報から「事故原因を技術面と人的要因の2つに分類することができる」と主張。台車に亀裂が生じたのは金属疲労か、もしくは、使用された鋼材そのものに問題があったかのどちらかが原因であると指摘しつつ、恐らくは「後者が原因であろう」と主張。

さらに、新幹線の乗員が異常を感じてからも走行が継続されたことは人的要因であるとし、こうしたことが起きてしまったのは「危機管理システムに穴があったから」であると主張。また、日本社会に存在する「正確なサービスを提供するという認識」も事故のリスクにつながった側面は否定できないとし、時間に正確に運行することは鉄道会社にとって社会的信頼を獲得し、自社の利益につながることではあるものの、「正確さに対する過度な要求と追求は相応のリスクをはらむものだ」と主張した。





また、正確なサービスを追求すればするほど、誤差を容認できる余地は小さくなり、同時にサービスを提供する側の精神的プレッシャーは大きくなり、プレッシャーが大きくなれば注意力は散漫になり、判断力も低下すると指摘。今回の重大インシデントは台車を交換すれば終わりではなく、根本的な原因を解決するためには運行システム全体を見直す必要があると伝えている。
http://news.searchina.net/

新幹線車両は走行距離または期間により定期検査が実施されます。当社では定期検査の内、客室内の検査や台車の検査の一部、また超音波探傷検査などを行っている。これらの検査や修繕に従事する社員は、当社が定めた教育カリキュラムにより、業務に関する知識と技能を修得しなければならない。新幹線車両の客室設備には、旅客の快適な座り心地を確保する腰掛装置、LEDで文字情報を表示する案内表示器、自動ドア、トイレの便器(汚物処理装置)など様々な設備があります。新幹線車両の交番検査では、これら客室設備の定期検査を実施し、不具合が発見された場合、幅広い知識と高度な技能を駆使し、修繕を行っている。

台車とは新幹線車両の安全・安定な走行を支える走り装置と呼ばれる足周りのこと。新幹線車両の台車検査では、車体から切り離した台車を分解して、モータや車輪、ギヤなどを単体で一つ一つ検査する。台車から部品を取り外す解体作業や台車構成部品の組み立てなども行っており、新幹線の重要部品を取り扱うことから、一人ひとりが強い責任感をもって作業にあたる新幹線車両では高速走行の安全を確保するために、車軸などの定期検査では超音波探傷などの非破壊検査が実施されている。専門の資格を取得し、確かな知識と技術により、車軸超音波探傷装置のオペレーションなどを行っている。

人間が検査する以上、検査に手抜きや判断ミスがあれば、事故は発生する。特に老朽化による事故防止は不可欠となる。本来検査も自動検査で、問題発生時の自動停止システムの強化も重要となる。人間の判断では人により微妙に異なる。これが事故の要因となる。今後、車両検査技術をもっと向上させる必要がある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月01日 11:10 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp