韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「セーフガード撤回」「自動車規制の解消」…韓米、通商懸案めぐり角逐

「セーフガード撤回」「自動車規制の解消」…韓米、通商懸案めぐり角逐

韓米自由貿易協定(FTA)の改定交渉で、両国の交渉チームは1日、ソウル小公洞(ソゴンドン)ロッテホテルで2日間にわたって開かれた第2回改定交渉のテーブルで、米国の韓国製洗濯機や太陽光パネルに対するセーフガード措置をめぐり攻防を続けた。ユ・ミョンヒ通商交渉室長を首席代表とする交渉チームは、両国が自発的に自由貿易に向けた協定を締結したにもかかわらず、国内工場で作った洗濯機までセーフガードを適用したのは納得し難いとし、強い不満を示したという。特に、対米貿易収支の黒字は昨年179億7千万ドルで、2016年(232億5千万ドル)より大幅減っただけではなく、今年1月にも3億2千万ドルの黒字で、昨年1月(9億7千万ドル)に比べて大きく減少したという事実を強調した。

米国産製品の輸入が大幅に増え、貿易収支の不均衡が減っているだけに、その見返りとして、米国がセーフガードの撤回・緩和で譲歩すべきと要求したのだ。同日夕方、交渉が終わった後、キム・ヒョンジョン通商交渉本部長は「双方がとても熾烈な交渉を繰り広げた。太陽光・洗濯機に対するセーフガードの不当性を強く指摘した」とし、「両国ともできるだけ早く交渉を妥結したがる傾向があるが、まだ第2回目の交渉であり、さらに交渉を重ねなければならないだろう」と話した。

さらに、韓国側は切迫した米国のもう一つの貿易救済処置である韓国産鉄鋼の輸入規制と関連しても、「韓国産の除外」を要求したとされる。ドナルド・トランプ米大統領は近いうちに洗濯機に続き、鉄鋼に対しても輸入規制を発動するかどうかを最終決定する予定だ。韓国側は「韓国は米国の安保同盟国であり、韓国産鉄鋼の輸入が米国の安保に否定的影響を及ぼすわけではない」という主張を展開したという。また、韓国政府の政策主権と関連し、投資者対国家の紛争解決(ISDS)の場合、米国行政府の持つ提訴裁量権を制限する方向で改善し、協定文に反映・改定することを要求した。





韓米の交渉チームは、両国の市場で既に無関税である自動車と自動車部品の関税譲許案再調整の問題についても話し合った。両国は同日の交渉で、自動車に対する反ダンピング・セーフガードなどの貿易救済措置や投資者対国家の紛争解決、商品関税の譲許案など、3~4つの分野別に分けて集中議論を行った。貿易救済分野で韓国側は、米国の反ダンピング関税率算定の制度と慣行を強く問題視した。商品関税は協定発効後、6年目の現在、関税がまだ残っている数百の商品の従来の譲許案(の撤廃・引き下げ)日程をを再調整する案を交換したという。キム本部長は「自動車のほか他の商品の関税についても、両国が意見を交換した」と話した。
http://japan.hani.co.kr/

自由貿易協定再交渉の第2回会合が先月31日から2日間ソウルで行われた。しかし、両国間の隔たりを埋めることができないまま終了した。2日間の協議で、両国は、それぞれの関心分野について、より具体的な交渉を行った。アメリカ側は自動車・部品分野を中心に貿易障壁の解消を求めた。一方、韓国は、セーフガード=緊急輸入制限などの乱用防止の必要性を強調しました。また、投資受け入れ国の協定違反によって投資家が受けた損害を金銭などで賠償する手続きを定めた投資家対国家の紛争解決(ISDS)の改善の必要性を指摘した。

交渉に参加した産業通商資源部の金鉉宗通商交渉本部長は、交渉のあと、「まだまだ道のりは遠い」と述べ、両国の意見の隔たりが大きいことを示唆した。アメリカが韓国側の要求に対し、具体的にどのような立場を取ったのかについては明らかにしていない。両国は、数週間以内にアメリカで3回目の交渉を行う。2回にわたる交渉で意見の隔たりを埋めることができなかった両国が、3回目の交渉ではどれほど歩み寄れるかは難しいとみるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月03日 08:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp