韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  文大統領が自律走行車に試乗「高速道路で車線変更、驚いた」

文大統領が自律走行車に試乗「高速道路で車線変更、驚いた」

「世界の首脳の中で高速道路で自律走行車に乗ったのは私が初めてであり、世界で水素車で作った自律車は、現代(ヒョンデ)自動車が初めてです」

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は2日、京畿道城南市板橋(キョンギド・ソンナムシ・パンギョ)にある企業支援ハブで開かれた自律走行車の懇談会を始めながらこう語った。文大統領は同日、現代自動車が製作した水素電気自律走行車「ネクソ」に乗って、京釜(キョンブ)高速道路のふれあいの広場から板橋インターチェンジに至るまで7キロほどを走った。その前日、労働時間の短縮と新規雇用創出に労使が合意したハンファキューセル工場を訪問して、「おんぶしに来た」と明らかにしたのに続いて、二日間、大企業を訪問して「企業の士気向上」に乗り出したのだ。

文大統領は、現代自動車に対して励ましも惜しまなかった。文大統領は、「1975年のポニーを記憶されているのか分からない。いよいよ小さな車の生産を開始したときに自動車生産国になり、国民は感激した」とし、「これまでにない短い期間で大韓民国は世界6大自動車生産国に成長した」と述べた。続いて、「世界は急速にエコカーや未来自動車に向かって進んでいるのに、私たちは少し遅れているのではないかと懸念したが、いざ乗ってみるとそうではない」とし、「案内地図だけ備えていれば、どこにでも自律走行ができるレベルにまできている事実を知ることになって非常に嬉しかった」と強調した。

当初、大統領警護処などは、今回の試乗イベントに難色を示したという。安全な自律走行車試験場ではなく、高速道路を運行する途中、突発事故が起きる可能性を懸念したからだ。しかし、すでに複数回の高速道路での試験運行を通じて安全性が検証されたという話を聞いた文大統領が自分で、実際の道路で走行したいという意志を明らかにしたと伝えられた。


文大統領は、「分からなければ勇敢だとよく言われているが、ゆっくりを気をつけながら走るだろうと思って乗った」と語り、「しかし、高速道路の制限速度である110キロに合わせて、非常に速いスピードで運行しながら、前の車との距離を合わせたり、車線を変えることに本当に驚いた」と語った。文大統領は「自律走行車においてもっと先を進むことができるように、国のほうであらゆる努力を尽くさなければという固い決心をすることになった」とし、「私たちはポニー車から始めて、短い時間で世界的な大国になったように、水素車や電気自動車などの未来自動車の分野でも大国の力をつけていこう」と述べた。

懇談会では、自律走行車などを巡る規制緩和の提案も相次いだ。自動車部品メーカーであるイーシスのキム・ヨンボム代表は、「自律車のモデル事業を全国の国道や高速道路に速やかに拡大してほしい」と話した。文大統領は、金賢美(キム・ヒョンミ)国土交通部(国土部)長官、李仁浩(イ・インホ)産業通商部(産業部)次官などに対し、「超小型電気自動車の規制や補助金の恩恵、複数の企業がテストベッドを十分利用できるようにすることについて、政府が特別に関心を持ってほしい」と指示した。国土部と産業部は同日、電気自動車の急速充電ステーションの拡大や完全自動走行のための道路基盤施設の整備など、未来自動車の育成のために2022年まで計35兆ウォンを投資することにした。
http://japanese.donga.com/

2018-02-03-k003.jpg

ソフトバンクと三菱地所は12月22日、自動運転バス「NAVYA ARMA」(ナビヤ アルマ)の試乗会を丸の内仲通り(東京都千代田区)で開催した。都内の公道を走るイベントは初。NAVYA ARMAは仏Navya(ナビヤ)が開発した自動運転バスだ。GPSなどで自車位置を把握し、車両に搭載したカメラやセンサーで障害物を検知しながら設定されたルートに従って自律走行する。「既に世界25カ国で走行し、これまでに10万人が乗車した、世界で最も走行実績のあるレベル4自動運転車」(ソフトバンク)という。

NAVYA ARMAの自律走行において、もう1つ重要になるのが「RTK-GPS」だ。自車位置を数センチ単位で推定できる精度を持つGPSだが、今回の試乗イベントではあえて使用していない。「ビルが林立してGPS信号を受信しにくい、あるいは輻射が問題になる環境において、LiDARスキャナだけで走る実験を行うため」(ソフトバンク)だという。NAVYA ARMAの車内は、前後左右に11の座席と4つの“つり革”があるだけのコンパクトな設計。地域を循環するコミュニティーバスなど、最近は小型のバスも運行されているが、それをさらに小さくした印象だ。

オペレーターも同乗はするが、仕事は扉の開け閉めと車内のタブレット端末で行き先を選ぶことだけ。ただし、車いすの人を乗せる場合には普通のバスと同様に人が対処する必要がある。このほか、万が一の事態に備えて乗客が押せる「緊急停止ボタン」や手動運転のためのコントローラーも用意されていた。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月03日 08:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp