韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  米国の日韓に対する通商・為替圧力、外交における信頼度に比例?

米国の日韓に対する通商・為替圧力、外交における信頼度に比例?

2018年2月1日、韓国・文化日報によると、米国のドナルド・トランプ大統領が政権を樹立して以来1年の間で、ウォン・ドル為替レートが円・ドル為替レートに比べてより急激に下落(ウォン高)している。

ソウル外国為替市場によると、昨年1月2日に1ドル1208.5ウォンだったウォン・ドル為替レートが1年後の先月31日、1ドル1071.5ウォンとなり11.34%下落(ウォン高)した。一方、主な輸出品目の競合国となる日本の円は同期間、1ドル116.83円から108.78円と6.89%の下落(円高)にとどまった。また、ウォン・円レートでもウォン高傾向が際立っており、同期間ウォン・円相場は100円1034.45ウォンから985.02ウォンに下落(ウォン高)している。

昨年10月から韓国ウォンの価値が急騰し、外国為替当局の介入を予測する専門家が多かったが、外国為替当局はこれといった動きを見せなかった。一部では外国為替当局の消極的な対応を「トランプ政権発足以来、米国が為替操作国指定等のカードをちらつかせ韓国の為替政策に圧力を加えているため」との指摘が出ている。

記事は「特に量的緩和など積極的な為替介入を行う日本は放置し、韓国だけを圧迫をするという点で米国の(日韓に対する)信頼度の違いを示すという意見も提起される」と分析した。建国大学金融IT部門のオ・ジョングン特任教授は「米国が1年に2回出す為替報告書で、韓国が継続的に登場するなど、積極的に為替レート(の操作)に介入する日本に比べ、(韓国に対する)圧力が行き過ぎ」とし、「経済面での信頼が低い姿(を表している)」と述べた。





この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「米国は韓国より日本のことが好きなんだ」「国力の差だな」「昔プラザ合意で円高に誘導されたが、今度はウォンがそのターゲットか?」「国の信頼性とウォン高に何の関係があるんだ?」など、日本と比較した意見が寄せられた。 また「ウォン高は今に始まったことじゃない」など、特段騒ぎ立てるほどの問題とは考えていないとする声もみられた。 その他に「対円でウォンの価値上昇は韓国の輸出に致命的な結果をもたらす」「米国依存から脱却する時」などとするコメントもあった。
http://www.recordchina.co.jp/

ロイター通信によると韓国は、アジア通貨危機からすばやく立ち直り、それから約10年後のリーマン・ショックでも驚くべき回復力を見せるなど、懐疑派を当惑させる傾向にあるとし、韓国は今、再びそれを繰り返している。米国と北朝鮮による脅しの応酬にもかかわらず、同国の通貨ウォンは3年ぶりの高値水準にあると伝えている。ウォンは2017年に対ドルで約13%上昇し、アジア通貨のなかで最も好調だった。だが韓国政府は、モノやサービスの輸出を脅かすとして、自国通貨の急騰を懸念している。世界銀行によると、同国の輸出規模は、2016年は国内総生産(GDP)の約42%相当だった。

米国のトランプ大統領が北朝鮮とののしり合いを続ける一方で、米当局者は5年前に発効した米韓自由貿易協定の見直しを迫っている。米国との関係において、ウォン上昇は、韓国の文在寅大統領にとってはプラスとなり、貿易摩擦を緩和する可能性がある。ウォン上昇はまた、アジアで4番目に大きな経済国である韓国の頂点に立つ甘やかされた輸出企業に対し、組織再編を行って、サービス業または新たに国内で生まれた発明でより大きな利益を上げるよう迫るだろう。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月04日 08:16 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp