韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  ダボス会議で影が薄かった韓国

ダボス会議で影が薄かった韓国

毎年1月に開かれる世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)はまるで「国家セールス」の五輪だ。今年も70カ国余りの首脳が「世界の1%」を代表する企業経営者約2000人を対象に自国のセールスに力を入れた。ダボスではこの「1%」の経済人が世界経済の80%を牛耳ると公然と言われている。

五輪にも予選と本選があるように、ダボス会議も厳しい競争を通じ、中央の舞台に出場する選手が決まる。昨年度の経済の成績表が主な選定基準だ。起業しやすい国をつくった指導者には華やかなスポットライトが当てられ、それとは程遠い指導者には退屈な時間と後方の舞台が待っている。今年真っ先に中央ステージに上がったのは、インドのモディ首相だった。主催者がモディ首相に開幕演説を依頼したのは、過去4年間にわたる彼の経済改革がかなりの成果を上げた証拠だ。モディ首相は在任中にインドを変えるから投資してほしいと露骨に呼び掛けた。税制改革を断行するとともに、中央政府と地方政府が協力し、外国企業の活動空間を保障するとした。2025年までに13億人規模のインド経済を5兆ドルにまで拡大するという抱負も明らかにした。中国でやられた韓国の企業経営者は耳をそばだてた。

労働規制で悪名高いフランスのマクロン大統領は、メーンステージで「フランスが返ってきた」と叫んだ。彼は規制見直しを通じ、フランスの競争力を高めることを最優先に掲げ、「投資先にフランスを選んでほしい」と述べた。欧州連合(EU)と「離婚」手続き中の英国のメイ首相ですら、英国政府の技術企業優遇政策などをアピールし、企業誘致に血眼になった。





今年のダボス会議の金メダルはトランプ大統領だ。彼はダボスで法人税減税政策、規制撤廃などの親企業政策で米国株式が急伸していることを自慢し、「私は企業のチアリーダーだ。アップルなど海外に進出した米国企業だけでなく、米国に進出する外国企業は誰とも友人だ」と述べた。グローバル企業の代表15人との非公開の夕食会では「現在3%台の米国の経済成長率を6%まで引き上げられる。規制撤廃のコストを米国が負担するから、米国に投資してほしい」と訴えた。
http://www.chosunonline.com/site/

就任前の選挙戦の時代からそうですが、ドナルド・トランプという人の演説や態度というのは、「真面目」モードと「暴言モード」を行ったり来たりするのが特徴だ。真面目なスピーチをしたかと思うと、その舌の根も乾かないうちに暴言ツイートを連発したり、とにかく「真面目」と「暴言」を行ったり来たりするというのが、この大統領のスタイルだ。今回は「真面目モード」だったわけで、これはこの大統領にしては、かなり異例なことだ。就任式」という大舞台と比較すると、「ダボス会議」とか「一般教書演説」というのは、視聴率は低い。ニュース好きの人が見るものであって、コアの支持者はあまり関心を向けない場であるとも言える。そう考えると、どちらも「あえて暴言モードにする必要はなかったともいえる。

順調だったアメリカ株も、ここへ来て企業業績への警戒感などから足踏み状態が続いています。そのような環境を踏まえて、連銀は利上げを見送りました。ある意味で、就任以来続いて来た「トランプ景気」に停滞の兆しが出てきたわけで、この11月には中間選挙があります。仮にそれまでに景気が大きく崩れてしまうと、与党大敗という可能性もゼロではない。

一方韓国はと言うと、外交部関係者は「世界の要人525人が出席する予定で、時間の経過とともに出席者は増えるとみられる」と予想していた。しかし、外交部が発表した出席者数は約300人だった。開始から1時間の時点では出席者が予想の3分の1程度だったが、その後少し増えた。あいさつが予定されていたダボス会議のクラウス・シュワブ会長は姿を見せず、代わりに息子のオリビエ・シュワブ専務理事が出席した。大物クラスはベルギーのクリス・ピータース副首相、モンゴルのダムディン・ツォグトバータル外相ぐらいで、出席者によると「ほとんどは韓国の政財界の人物だった」というから笑えない。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月04日 08:47 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp