韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国軍、今夜戦う準備はできているか

韓国軍、今夜戦う準備はできているか

1月21日の日曜日、午前2時。スマートフォン用の航空機追跡アプリ「FLIGHTRADAR24」に、非武装地帯(DMZ)付近を飛行する航空機が捕捉された。DMZ付近は飛行禁止区域で、国連軍司令部の承認がなければ飛べない特殊な地域だ。 このアプリに捕捉された航空機は、在韓米軍の「RC7B」偵察機だった。平沢のキャンプ・ハンフリーズに配備されているRC7BはしばしばDMZ付近を飛行し、北朝鮮の長射程砲など前方地域の北朝鮮軍の動きを監視している。しかし、日曜日早朝の偵察飛行というのは異例だ。

軍の偵察機が隠密裏に動いている様子を民間のスマホアプリでも把握できるのは、電波発信機で基地局に所属と位置を伝えているからだ。これは、航空機の偶発的な衝突を防止するための措置。このアプリにより、1月に入って米軍の偵察機が異様に強硬な北朝鮮偵察活動を行っている様子が明らかになった。沖縄の嘉手納基地を発進したRC135戦略偵察機、在日米軍基地を発進したEP3電子偵察機、E8「ジョイントスターズ」地上監視・偵察機などが何度も韓半島(朝鮮半島)に出動し、監視活動を繰り広げた。

北朝鮮が平昌オリンピック参加を宣言した後、韓国政府が対話の流れを強調するのとは全く異なる動きだ。それだけではない。米国が昨年末から実施している訓練や兵器の配備は、立体的かつ全方位的だ。単なる武力の誇示や「ショー」的な性格が強かったこれまでとは性格が異なる。 ところが、有事の際に米軍と共に合同作戦を展開しなければならない韓国軍の雰囲気は懸け離れている。まるで、北朝鮮に対する先制攻撃(予防攻撃)など最悪の軍事オプションは韓国とは関係なく、米国と米軍の問題であるかのように考えているような様相だ。現在の韓国軍首脳部の関心は、もっぱら戦時作戦統制権の韓国軍移管などの国防改革と兵力削減、いわゆる積弊清算などに向けられている。


米軍が強調している「ファイト・トゥナイト」とは隔たりがある状態だ。「ファイト・トゥナイト」は、今晩早速戦争が起きてもきちんと戦える戦闘準備態勢を強調するフレーズ。実際、今後数カ月のうちに米国の先制攻撃があって北朝鮮が長射程砲による報復攻撃を行ったら、現在の作戦計画上、ソウル市民は北朝鮮の砲弾を3日間浴び続けなければならない。韓国首都圏を脅かす北朝鮮の長射程砲は340門以上(坑道はおよそ50カ所)という事実を考慮すると、韓国国民としては受け入れ難い計画だ。有事の際に北朝鮮首脳部を除去する特殊任務旅団の中心的な潜入手段たる改良型CH47ヘリの配備も、2023年以降でないと実現しない。
http://www.chosunonline.com/

2018-02-04-k003.jpg

有事の際と言うのだが、自国防衛はアメリカ頼みの平和ボケした韓国である。軍備は老朽化し、どれだけ使えるのかさえも把握できていないのではないか…。文大統領はそもそも北と戦う意志は無いのだから、韓国軍が今夜戦う準備など出来ているはずもない。一方で、銃弾から身体を守る防弾チョッキ。現代の戦闘では必要不可欠なものだが、韓国軍では本来は基準に満たさない不合格の製品に対して、採用基準を除外することで納品された防弾チョッキが使用されているとして問題視されている。JTBCによると性能評価は北朝鮮軍の兵士が使用している銃弾を元に行われており指摘された側面性能については過去死亡したアメリカ兵の半数が側面からの攻撃によると言われる。対応準備中と言うがいつの事やら…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月04日 08:59 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp