韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  慰安婦問題、韓国政府は市民団体と一線を画せ…安倍首相は毅然とした姿勢を

慰安婦問題、韓国政府は市民団体と一線を画せ…安倍首相は毅然とした姿勢を

慰安婦問題は、簡単には解決しそうにない。 昨年の暮れ、東京で行われた日韓議員連盟の会合で、韓国のある国会議員は「日本が(2015年の)日韓合意に基づき拠出した10億円は流用され、元慰安婦には渡っていない可能性がある」など、事実とは明らかに異なると思われる発言をしていた。発言したのは、元慰安婦という人たちが生活する施設「ナヌムの家」の地域から選出された議員だ。この議員は、慰安婦像の設置などを行った「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の影響を強く受けていると聞いた。

韓国では慰安婦や竹島の問題などが持ち上がると、挺対協など北朝鮮との強い関係が指摘される市民団体が必ず出てくるという。 これらの市民団体は強硬な反日路線をとることで、国民から一定の支持を受けている。政府も、これらの市民団体の主張に配慮せざるを得ないという。だから慰安婦問題などでゴールポストが何度も動かされてきたのである。 日韓議連の会合でも韓国の議員は、これらの団体の影響を受けているからか、「最終的かつ不可逆的に解決」することを確認した日韓合意について「国民や元慰安婦は全く納得していない」と繰り返し述べていた。そして、韓国政府は新たな謝罪などの追加措置を日本に求めてきたのである。

ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像についても、明らかに国際法、そして韓国国内法に違反している。しかし、韓国政府は挺対協などに配慮してか、撤去に及び腰である。今後、慰安婦問題などを解決するには、韓国政府がこうした市民団体と一線を画すことが極めて重要となってくる。市民団体の意見に耳を傾けることは必要だろうが、最後は国と国民の将来に責任を負う政府が決めるべきだ。市民団体の意向に振り回されていたら、未来永却(えいごう)、問題は解決しないだろう。


2015-02-20-abe.jpg

こうしたなかで、安倍晋三首相は平昌(ピョンチャン)冬季五輪開会式に出席する意向を明らかにした。主要国の首脳が欠席するなかでの出席だ。自民党の外交部会などでは「韓国に政治利用されるだけだ」「韓国に間違ったメッセージを送る」など、訪韓反対の声が相次いだ。党本部などにも国民から多くの反対があった。 そうしたなかで安倍首相は、反対を押し切っての訪韓となる。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、日韓合意の履行を重ねて要求し、「1ミリたりとも動かさない」毅然とした姿勢を貫くことが必要だ。(平沢勝栄・自民党衆院議員)
http://www.zakzak.co.jp/

慰安婦問題は、簡単には解決しそうにないというが、日本は慰安婦合意にこぎつけたわけで、毅然とした態度で臨めばよいのではないか…。歩み寄る必要もない。北朝鮮問題で、日米韓を強固にしたい気持ちがあるようだが、韓国は信用できないばかりか、中国に軍事機密情報を漏らす事例が朴槿恵をはじめとし、韓国軍幹部連中など、今なお不正を実施している可能性もある。信用するほどに騙される。安倍総理も心を許せば負けとなる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月04日 11:20 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp