韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車、ソウル~平昌間190キロメートル高速道路で自動運転に成功

現代自動車、ソウル~平昌間190キロメートル高速道路で自動運転に成功

現代自動車が平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えてソウル~平昌間の高速道路約190キロメートル区間で自動運転に成功した。数百キロメートルの長距離コースで、区間別法規が許容する最高速度(時速100~110キロメートル)を実現し、自動運転技術を披露したのは韓国ではこれが初めてだ。

現代自動車は2日、米国自動車工学会(SAE)基準で4段階の自動運転技術を備えた次世代水素電気自動車ネクソ3台とジェネシスG80自動運転車2台で自動運転試演を実施したと4日明らかにした。ネクソ自動運転車の場合、同日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が自ら試乗して関心を集めた。 4段階自動運転技術は、ドライバーが運転にまったく介入せずに、システムが決められた条件内のすべての状況で車両の速度と方向を統制する水準だ。ドライバーが必要のない無人自動車を意味する5段階とともに「完全自動運転」に分類される。

同日披露された自動運転車両は、前方および後・側方カメラなど各種センサーと装備を追加装着していたが、外観上は一般車両と違いがなかった。 試演の過程は、ドライバーが自動運転ステアリングホイール(運転台)にある「クルーズ」(CRUISE)および「セット」(SET)ボタンを押し、車両が自動運転モードに転換されると自ら走り始めた。





自動運転車両5台は、京釜高速道路下り線の出会いの広場サービスエリアを出発して、新葛(シンガル)JCを経て永東(ヨンドン)高速道路に入った。さらに大関嶺(テグァルリョン)ICを抜けて最終目的地の大関嶺トールゲートに無事に到着した。高速道路を走る間、他車両の流れと連係した車線維持、および変更、前方車両追い越し、7個のトンネル通過機能などが具現された。

現代自動車は平昌冬季五輪およびパラ五輪期間に、平昌市内で一般人を対象に自動運転体験を実施する。自動運転コースは、江原道平昌郡の大関嶺119安全センター前円形三叉路から出発し、西に3.5キロメートル離れた回転交差点でUターンした後、同じ道に戻る往復7キロメートル区間で、所要時間は13分程度。 現代自動車は2021年までに4段階水準の都心型自動運転システムの商用化を推進する。また、2030年までには完全自動運転技術を商用化する計画だ。
http://japan.hani.co.kr/

現代自動車は1月4日、米グーグル出身の技術者が設立したIT(情報技術)ベンチャー企業の米オーロラ社と組み、自動運転車を開発すると発表した。自動運転に適した先進的なITインフラを備えた「スマートシティー」を世界から選び、両社が共同で実証実験すると発表している。自動運転に適した先進的なITインフラを備えた「スマートシティー」を世界から選び、両社が共同で実証実験する。ドライバーが運転に関与しない「レベル4」の自動運転技術の商用化を3年で目指すという。

品質低下の目立つ現代自が、世界企業にどこまで追従できるのかは、むしろ組織と品質システムのほうが重要となる。自動運転技術の品質管理は並大抵のことではない。技術を真似出来ても、品質がばらついたのではあとから大問題となるが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月05日 08:41 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp