韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  平昌五輪ボランテイア、労働環境劣悪で2200人離脱 氷点下20度

平昌五輪ボランテイア、労働環境劣悪で2200人離脱 氷点下20度

開幕まで1週間の平昌(ピョンチャン)五輪で、労働環境の劣悪さなどを理由に、2000人以上のボランティアスタッフが離脱していると産経新聞が報じた。

開会式やスキー競技が行われる平昌の会場では、連日午後10時半まで、大学生ボランティアが20分交代で車両案内を続ける。

だが、氷点下20度にも達する極寒に加え、「100人の宿舎に洗濯機が3台しかない」「居室の温水シャワーが出ない」などと不満が続出。平昌五輪組織委によると、昨年11月時点では約1万8000人登録されていたボランティアは、1月31日までに2194人が離脱したという。

組織委は相次ぐ指摘を受けて同日、待遇改善策を発表。取材に対し「人的余裕は十分にあり、大会運営に支障はない」と強調する。

観戦チケット販売状況にも疑問の声が上がっている。昨年11月の段階で達成率が30%程度にとどまっていた目標販売数(全販売数の80%)は1月29日現在で74・1%にまで上昇。

一見順調にみえるが、実際には政府の呼びかけを受けた自治体や大企業の大量購入が数字を押し上げている。ソウル市では30億ウォン(約3億円)を超える予算を組み、チケット4万2000枚を購入。低所得者層などに無料配布するという。
http://www.zakzak.co.jp/


2018-02-05-k005.jpg

韓国・ニューシスによると、「劣悪な待遇と環境が原因で多くの平昌五輪ボランティアスタッフが離脱した」との指摘が出ていることについて、五輪組織委員会が「事実と違う」と反論している。五輪組織委員会関係者は、ニューシスの取材に対し、「これまでに約3000人のボランティアスタッフが離脱したのは事実だが、その大部分は活動を始める前に諦めた」と述べている。同関係者によると、離脱したボランティアスタッフの大部分が個人の事情や健康の問題、単純な心変わりで活動開始前に離脱を決意したという。また「予想より多くのスタッフが離脱したが、大会の運営に問題はない」としている。

朝日新聞は、平昌ボランティア、早くも2千人離脱 劣悪環境に不満と題し、ボランティア約2千人が劣悪な生活環境に不満を訴えるなどして開幕前にやめたことを伝えている。さらに日刊スポーツでは、組織委によると宿舎で温水が出なかったり、移動のバスの到着まで屋外で長時間待たされたりと、勤務環境の悪さを訴える声が上がっていたと報じている。組織委の李熙範会長が1月31日に「大会の成功にはボランティアの活動が不可欠。勤務条件の改善に最善を尽くす」とのコメントを発表しているが、氷点下20度を超える寒さで、水道管破裂が相次げば、とてもオリンピックどころではないが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月05日 09:49 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp