韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  韓国外の慰安婦像、日韓合意後6カ所 外務省調査

韓国外の慰安婦像、日韓合意後6カ所 外務省調査

日韓両政府が慰安婦問題の最終的解決で合意した2015年12月以降、韓国国外で新たに6カ所に朝鮮半島出身者の慰安婦像・碑が建てられたことが外務省の調査で判明した。

外務省によると、15年末以降に設置された朝鮮半島出身の慰安婦に関する像や碑は、米国が最多で、カリフォルニア州サンフランシスコ市やニューヨーク市など4カ所。ドイツとオーストラリアがそれぞれ1カ所となっている。

日韓合意の前には、米国8カ所とカナダ1カ所の計9カ所に慰安婦像・碑が設置されており、合わせて15カ所で設置が確認された。このほか米国では連邦議会下院や、3州と4市の議会で設置を促すなどの慰安婦関連決議が採択された。韓国系米国人の団体が主導する動きが目立つという。

日本政府は日系人団体と連携して、謝罪や元慰安婦に「償い金」を支給した過去の取り組みについて、地元の有力政治家らに説明。

設置阻止を働き掛けてきたものの、効果が十分に出ているとは言い難い。
http://www.sankei.com/





韓国政府が、慰安婦問題に関する日韓合意を事実上反故にした問題。韓国は、何度も慰安婦問題を蒸し返し、国際的な約束をひっくり返してきた。中国や北朝鮮も、依然として歴史認識で日本を責め立てる姿勢を変えようとしない。軍事ジャーナリストの井上和彦氏は、その問題の根幹に「東京裁判史観」があると指摘する。東京裁判と並行して実施されたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による日本占領政策は、日本にすべての戦争責任を負わせ、日本人に拭い去れない贖罪意識を植え込むWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム)と呼ばれる洗脳政策を徹底して行った。

敗戦国のレッテルは今なお大きな荷物として背負わされている。慰安婦という呼び名は違うが、戦争実施国すべてに存在している。韓国にしても日本にしても、米軍のための慰安婦と言う側面が強いが、米国に謝罪は無い。日本慰安婦の復権すら出来ていない。一方、米国の手下となる韓国は、米国非難を実施しない。統治下の日本だけ恨みを持つが、日本は韓国と戦争をしていない。無条件降伏である。それすらも揉み消そうとしている。そして今なお慰安婦像を設置し、異常な世界を繰り広げ、世界から必要がない国とされているにもかかわらず、自国が消えるのを一番恐れているだけに、自国政府の反日政策は、自国民全てを歴史依存病とし、競争化社会における精神病まで作り上げて、前に進もうとしない。何とも愚かとしか言いようがない…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月05日 11:17 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
 合意に従って当然、それら6か所の慰安婦像も排除されるべきである。韓国側が合意を履行する際には当然この6か所も含まれる。大使館前の像だけどかして、「はい、これで合意履行です」は通らないだろう。もはや、韓国政府は対処可能な域を超えるくらいの反日を抱え込んでいる。韓国政府に合意を履行する力はないし、反日が治る見込みもないだろう。なにせ、戦後から70年以上かけて築いてきた関係性が今のこれなのだ。
 日本からすれば、安全保障の面でも信頼できない。アメリカからせっつかれなければGSOMIAも結ばないし、自国民救出のための自衛隊を入れる事すら拒否しているのだ。自国民救出のための行動すら容認しないなど、敵国に相応しい態度ではないか。
 経済面でも韓国は日本のコピーである。競争関係は免れない。韓国が得をすれば、日本が損をする。日本が得をすれば、韓国が損をする。そういうふうにできているのだ。
 挙句の果てには、北朝鮮への明らかな媚びへつらいだ。ムンだけの問題ではない。ムン以外にも親北がいるからこそ、今の異様なムンの行動があるのだ。
 日韓関係において、最善の策は離れることである。断交まで行ければ良し。それでも、関係性を最大限冷え込ませることが大事だ。
[ 2018/02/05 12:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp