韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  イ・ジェヨンへの“温情判決”は有銭無罪の復活?

イ・ジェヨンへの“温情判決”は有銭無罪の復活?

サムスン電子のイ・ジェヨン副会長が5日、控訴審で釈放された。ソウル高裁刑事13部(裁判長チョン・ヒョンシク)は、朴槿恵(パク・クネ)前大統領とチェ・スンシル氏らにわいろを渡した容疑などで起訴されたイ副会長に対し、核心疑惑を無罪と判断し、懲役2年6月、執行猶予4年を宣告した。裁判所はこの事件を「政経癒着の典型」と見た1審とは異なり、大統領がサムスンの経営陣を「強迫した事件」と規定した。見返りを望んで金銭を渡したわけではないとし、経営権継承を請託したという1審判断をほとんど覆した。「アン・ジョンボム業務手帳」と「キム・ヨンハン業務日誌」の証拠能力もまるごと否定した。

すでにマスコミを通じて日誌の内容の隅々まで知っている国民の法感情とはかけ離れた判決に相違ない。そうした「証拠法原則」が、なぜ唯一サムスン社主だけに代を引き継いで適用されるのか、36億ウォン(約3億6千万円)の横領・贈賄疑惑を認めていながら執行猶予で釈放したことが、果たして適正な刑量なのかも疑問だ。おそらく国民には稀代の「有銭無罪」判決として記憶されるだろう。

裁判部は「この事件は、最高政治権力者がサムスングループの経営陣を強迫して朴前大統領の側近であるチェ・スンシル氏が誤った母性愛で私益を追求したこと」とし「被告人は二人の要求を容易に拒絶できず、受動的に贈賄に及んだ」と判示した。イ副会長側が当初から主張してきた趣旨をそのまま受け入れたわけだ。その延長線上で「サムスンの継承作業という懸案が存在したとは認め難く、そのために暗黙的請託があったと見ることもできない」というのが判決の要旨だ。





しかし何の懸案もないのに、大統領が“強迫”したからと数十億ウォンを黙って与えたという論理は説得力に欠ける。サムスン物産と第一毛織の合併などの個別懸案が、イ副会長の支配力確保に有意な影響を及ぼす効果があるということは認めながらも、経営権継承のためという証拠がないと判断した点も理解し難い。大統領府の民政・政策企画首席室と公正取引委、国民年金公団などの政府機関を総動員して、合併の成功のために立ち上がり、イ副会長がそのために自ら公団の幹部にまで会ったことは、どう説明するのか。イ・ゴンヒ会長の時、エバーランドとサムスンSDSの事件以来、サムスンが経営権継承のために様々な便法を動員し、今回の合併もその一環であったのは誰もが知っている事実なのに、これを否定したことは一般常識ともかけ離れた判断だ。
http://japan.hani.co.kr/

経済改革連帯は論評を出している。「1990年末のサムスンエバーランド転換社債発行から2015年のサムスン物産と第一毛織の合併などが、すべてイ・ジェヨン副会長の3世経営権継承作業のために組織的になされたというのは常識に属する事実」として、「サムスン物産合併の件に不当な圧力を加えた容疑でムン・ヒョンピョ元長官らが控訴審まで有罪が宣告された状況で、継承作業の目的事態が存在しないと判断したことは話にならない」と批判している。 イ・ジェヨン副会長に対する控訴審判決は、史上最悪の“財閥かばい立て”判決として記録されるだろう。 政治権力の上に財閥がいる韓国特有の構造だ。

こんな司法では、正義など存在しないわけで、サムスンも政治を利用した前例のない手口なわけで、やりすぎた処罰を罰するには今の韓国司法では無理という証でしかない。 昨年8月に行われた1審では懲役5年の実刑判決が下っていたが、韓国のソウル高裁は5日、贈賄罪などの罪に問われていた韓国サムスン電子の李在鎔副会長に懲役2年6月、執行猶予4年の判決を言い渡した。韓国と言う国は、はホワイトカラーの犯罪に甘い…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月06日 08:43 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp