韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ソウル~平昌の190キロを現代水素車が手を離した状態で走った

ソウル~平昌の190キロを現代水素車が手を離した状態で走った

現代自は2日、次世代水素電気自動車「ネクソ」の3台、高級セダン「ジェネシスG80」の自律走行車2台を投入して、ソウルから江原(カンウォン)平昌までの約190キロの高速道路の区間を自律走行する実演に成功したと、4日発表した。自律走行車5台は、京釜(キョンブ)高速道路の下り線の出会いの広場の休憩所から出発した。以後シンガル分岐点を経て嶺東(ヨンドン)高速道路を疾走した後、大関嶺(テグァンリョン)インターチェンジに抜け出して、最終目的地である大関嶺料金所に到着した。

水素電気自動車と自律走行技術は、両方共未来自動車産業の中核技術として挙げられる。水素電気自動車は、宇宙に無限の「水素」を燃料として走りながら公害物質を全く排出せず、大気浄化能力まで備えているので「究極のエコカー」と呼ばれる。自律走行技術は、各国が我先に開発している。世界中の企業のうち、この二つの分野を共に研究しているところは、現代自とトヨタほどである。水素電気自動車で自律走行技術を実際に披露したのは、世界で現代自が同日初めてである。同日、車に搭載された自律走行機能は、米国自動車技術協会(SAE)が分類した自律走行0~5段階のうち4段階(High Automation)に当たる。これは「決められた条件や状況」で、ドライバーの操作や介入なしに車が自ら速度、方向を調節しながら走る段階である。最終の5段階(Full Automation)は、突発状況など、すべての状況において人を必要としない完全無人自動車である。

自律走行車が人より精巧な運転能力を示したというのが現代自の評価だ。普段は乱れることなく、車線をまっすぐに維持しながら走るが、必要な時は自らウィンカーをつけて車線を変えた。前のトラックがあまりにもゆっくり走ると、これを認識して追い越し車線に車線を変えた後、速度を上げて追い越した。トンネル7カ所を通るときは、安全規定に合わせて走り、料金所やインターチェンジ、ジャンクションでも状況に合わせて、自ら速度を遅らせたり、方向を変えながら目的地を探していった。





(中略)
世界水素自動車の技術開発を主導している現代自動車は来月、量産用次世代水素電気自動車を正式発表する。この水素電気自動車は、一度充電すれば600キロ以上を走ることができ、充電時間は5分に過ぎないことが分かった。同日、現代自側は、「2030年までに完全な自律走行技術を商用化する計画だ」と明らかにした。現代自の夢が実現すれば、わずか12年で、私たちは、道路のあちこちで自ら運行する自律走行車を見ることができると予想される。現代自動車のイ・ジンウ知能型安全技術センター長は、「自律走行技術は、より多くの人が安全で便利に利用できなければならない」と語った。現代自は、平昌冬季五輪期間中に平昌市内で自律走行体験車を運営する。
http://japanese.donga.com/

今年7月には、英仏政府が2040年までにエンジンを搭載した新車の販売を禁止する方針を打ち出し、大きなニュースとなった。米カリフォルニア州にも、州内で一定数の自動車を売るメーカーは、販売台数の一定割合をZEV(ゼロ・エミッション・ビークル=排出ガスがゼロの自動車)にしなければならないというZEV規制がある。FCV、EV、プラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車(HV)――。世界的に自動車の電動化、すなわち電気とモーターで走るクルマへのシフトが加速しているのは疑いようがない。

燃料電池(FCスタック)では水素を燃料として燃やすわけではなく、水素と酸素を化学反応させて電気をつくりる。だが水素をどうやってつくるのかという問題がある。MIRAIの開発責任者は、特に資源を持たない日本では、オンリー水素、オンリー電気ではなく、エネルギーの選択肢をたくさん持ち、賢くミックスさせることが大事だと語る。現段階では、選択肢をたくさん持ち、使い分けることが大切という事だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月06日 08:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp