韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  三星電子、「ザ・ウォール」の商用版を公開

三星電子、「ザ・ウォール」の商用版を公開

三星(サムスン)電子は、オランダ・アムステルダムで6~9日(現地時間)に開かれる欧州最大ディスプレイ展示会「ISE 2018」で、商業ディスプレイの新製品を展示すると、6日明らかにした。

最も注目を集める製品は、1月に米ラスベガスで開催された「CES2018」で初めて公開した「ザ・ウォール(The Wall)」の商業ディスプレイバージョンである「ザ・ウォール・プロフェッショナル」である。この製品は、スマートサイネージ専用ソフトウェアであるマジックインフォソリューションを搭載して、商用コンテンツの制作と管理が容易である。

マイクロ発光ダイオード(LED)技術を適用して、最大1600ニット(nit=明るさの単位)の明るさの具現が可能であり、「HDR(ハイダイナミックレンジ)10プラス」を支援する。

三星電子は、世界初の劇場専用「3DシネマLED」も初披露する。この製品は、3次元(3D)立体映画を上映するときに明るさと画質が低下しない視聴環境を提供する。

この他、2018年型スマートLEDサイネージである「IF-D」シリーズ3種、超高画質(UHD)サイネージ「QM」(450ニット)」とQB「(350ニット)シリーズの2種も披露する。
http://japanese.donga.com/


2018-02-07-k001.jpg

韓国のサムスン電子が、まるで壁のように巨大なテレビ「ザ・ウォール」をCES 2018で発表した。このテレビに使われている次世代技術は「マイクロLED」と呼ばれる。サムスンの146インチの新型テレビ「ザ・ウォール(The Wall)」は、消費者にはまだ親しみのない単語を引っ張り出して来てみせた。「マイクロLED」となる。マイクロLEDは実在する技術だ。現在、市場を支配するLEDテレビを大きく進化させたもので、年内の発売が決まっている。

市場を席巻する現行のディスプレイ技術は発光ダイオード、すなわちLEDを用いている。ただこれは少し不適切なネーミングで、なぜならLEDは白い光を発するだけである。その白い光を利用してテレビの画面に映像を浮かび上がらせるのは、液晶、偏光フィルター、カラーフィルター、そしてガラスだからだ。LEDは素晴らしい技術で非常に美しい画像を表示できるが、バックライトを使う。このため完璧な真っ暗闇を描写するのは苦手だった。

暗いシーンではバックライトが漏れて黒い部分が白っぽくなってしまう「黒浮き」が生じて、画像調整に無駄な時間を過ごすことになる。この問題はエッジ型と呼ばれる製品では特に顕著で、上下左右のどこかの隅から光が漏れて、テレビの淵に奇妙な後光が差しているかのように見えてしまう。この製品は、スマートサイネージ専用ソフトウェアであるマジックインフォソリューションを搭載し、商用コンテンツの制作と管理が容易だ。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月07日 09:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp