韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  台湾 >  台湾でM6.4の地震 2人死亡200人以上けが 邦人も2人負傷

台湾でM6.4の地震 2人死亡200人以上けが 邦人も2人負傷

日本時間の7日未明、台湾東部を震源とするマグニチュード6.4の地震があり、これまでに2人が死亡し、200人以上がけがをしました。台北にある日本の窓口機関、日本台湾交流協会によりますと、現地の病院に確認したところ日本人2人がけがをしたという情報があるということです。

日本時間の7日午前0時50分ごろ、台湾東部の花蓮県から北北東におよそ20キロを震源とする地震があり、震源の深さはおよそ10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.4と推定されています。この地震で、震源に近い花蓮市を中心に建物が倒壊したり傾いたりするなどの被害が出て、台湾当局によりますと、これまでに2人が死亡し、214人がけがをしたということです。また台北にある日本の窓口機関、日本台湾交流協会によりますと、現地の病院に確認したところ日本人2人がけがをしたという情報があるということです。

けがの程度など詳しいことはわかっておらず、交流協会は現地に職員を派遣して確認を急いでいます。さらに日本人の宿泊客が多い花蓮市の「マーシャルホテル」は建物の下の階が押しつぶされ全体が大きく傾いていて、地元の消防やメディアによりますと、従業員2人の行方がわからなくなっている一方で、130人以上が救助されたということです。 地震が発生した当時、現地にいたNHKのスタッフは「ホテルの周辺には多くの日本人の姿が見られ、路上や近くの別のホテルに避難していた」と話していました。


2018-02-07-k006.jpg

花蓮県のホテルに家族と滞在していた日本人の男子大学生は、NHKの取材にツイッターで応じ、「2秒ぐらい縦に揺れたあと、1分ほどの大きな横揺れが続き立っていられない状況だった。全員ホテルの外に避難したが、安全なのでホテルに戻るよう言われた。しかしその後も大きい余震が続き不安なので、日本人は全員ロビーに集まっている。1階が倒壊したという近くのホテルの宿泊客も自分たちのホテルに避難してきている」と話しています。

そのうえで、「台湾の気象当局のデータなどを見ると、震源が浅かったため震源に近い場所では、震度7に相当する激しい揺れに襲われたと考えられる。震源が浅い地震の場合は、地震活動がしばらく続く可能性がある。今後、同じ程度の規模の地震や、さらに大きな地震が起きる可能性があり、注意が必要だ」と指摘しています。
https://www3.nhk.or.jp/

米華字メディアの多維新聞は、台湾で6日午後11時50分(日本時間7日午前0時50分)ごろ、東部を震源とする大きな地震が発生したことについて、台湾気象局地震測報センターの予測が外れていたことが判明したと伝えている。 台湾では、東部の花蓮などを震源とする地震が4日ごろから頻発していた。4日午後9時56分(日本時間午後10時56分)ごろには、最大規模となるマグニチュード(M)5.8の地震が発生し、その後、M5.0以上の地震が2回、M3.5以上が78回起きていた。 6日の大地震が発生する前の24時間内に、台湾気象局地震測報センターは「4日に繰り返し発生した地震は地殻エネルギーの連続的かつ大規模な放出によるものであり、今後より大きな地震が発生するほどのことはない」との予測を発表していたという。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月07日 10:22 ] カテゴリ:台湾 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp