韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本は軍事大国にはなれない! なぜなら「致命的な問題があるため」だ

日本は軍事大国にはなれない! なぜなら「致命的な問題があるため」だ

中国では「日本は再び軍事大国になることを目指している」という論調が多く見られる。日本の防衛費が年々増加し、米国から最新の戦闘機を導入するなど「防衛の範疇を超えた動き」を見せているというのがその根拠のようだ。

日本の国防に対して過度な反応を見せる中国だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、優れた兵器をいくら導入しても日本は軍事大国になることはできないと伝え、なぜなら日本には「致命的な問題があるため」だと主張している。

記事は、日本は米国から最新のステルス戦闘機「F35A」を導入し、さらには、いずも型ヘリ護衛艦を空母に改修する可能性まで浮上していると主張。これが実現すれば、日本の軍事力は大幅に増強されることになるうえ、日本は平和憲法の改正にも動いていると主張し、多くの中国人は「日本が軍事大国に向けた足取りを加速させており、自衛隊は間もなく軍隊になるかもしれない」と懸念していると論じた。

一方、軍事面では装備だけでなく、「人」も重要な要素だと指摘する一方、この「人」こそ日本の致命的な弱点だと指摘。出生率が非常に低く、少子高齢化によって人口減少が続いている日本にとっては、そのまま「兵力」の減少につながるとしたほか、優秀な人材もそれだけ減ることを意味すると指摘した。

中国も近年は兵力を削減していると言われるが、それでも人民解放軍の常備軍は世界最大であり、そのうえ武装警察や民兵も存在する。記事は「中国は経済成長を背景に武器や装備の現代化を進めている」とし、日本はまるで勢い良く軍拡を進めているように見えるが、実際には大した脅威とはならないと主張した。
http://news.searchina.net/


2018-02-10-k007.jpg

日本の自衛隊は最近、巡視船、潜水艇、空母や駆逐艦などを次々と導入。国内外の専門家は日本の軍事力を世界一流と評価し「世界第5位」のレベルとまで言われている。海上自衛隊の兵力は4万3000人にとどまるが、戦艦140隻、護衛艦53隻、潜水艇16隻、ヘリコプター215機など申し分ない戦力だ。 しかし、米国の軍事専門家は「日本の誤り」を指摘する。敗戦後の日本は、米国頼みの防衛戦略を練ってきた。政治、軍事的にも米国の制約を受け、全国各地に米軍基地を抱えている。敗戦という重荷は今なお大きく背負っている。いずれは米軍は撤退するだろう。とはいえ日本も高齢化社会の中で、日中外交次第ではないだろうか。軍事大国だけが平和を維持する手段ではないと思うが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月10日 10:31 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp