韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  テスラが明かした「モデル3」生産地獄の実態

テスラが明かした「モデル3」生産地獄の実態

世界最大の輸送能力を持つ大型ロケットが現地時間の2月6日、米フロリダ州のケネディ宇宙センターから発射された。成功させたのは、イーロン・マスク氏が設立した宇宙輸送関連会社スペースXだ。ロケットの先端にはマスク氏がやはりCEOを務めるテスラのEV(電気自動車)「ロードスター」が乗せられ、火星の軌道に投入された。現在は同車に搭載されたカメラがとらえた宇宙の様子がネットに配信され、大きな話題になっている。

一方、なかなか軌道に乗らないのは、マスク氏の本業、EV生産だ。翌7日に発表されたテスラの2017年度通期決算は、最終損益がマイナス19億6140万ドル(約2150億円、前年同期比で約13億ドルの悪化)と、過去最大の赤字となった。高級車の「モデルS」や「モデルX」は好調だったが、昨年7月からスタートしたEV「モデル3」の量産立ち上げに今なお苦戦し、先行投資がかさんでいる。

モデル3はテスラ初の量産型EVで価格は3.5万ドルから。2017年7月に出荷を始めたが、納入台数は7~9月期がわずか260台、10~12月も1500台にとどまった。週5000台の生産目標は、当初2017年末までに達成する計画だったが、今年6月末までに延期された。延期は今回で2度目になる。

ボトルネックは大きく2つある。電池パックと車体の組み立て工程だ。モデル3の電池生産は2017年1月、米ネバダ州に開所した世界最大の電池工場、ギガファクトリーで行われている。作られているのは、パナソニック製の円筒型リチウムイオン電池「2170」だ。パナソニックが作った電池のセルを、テスラがモジュール化(組み立て)する。

スポンサードリンク



この組み立ては、ロボットを活用した完全自動化ラインで行う予定。しかしこの4つの工程のうち2つの立ち上げを委託していた業者が機能せず、結局テスラ自らが行うことになった。 そのため、当面は手作業での組み立てを余儀なくされた。これには自信家のマスク氏も「われわれがいささか自信過剰になりすぎていた」と肩を落とす。車体組み立ての行程においても、同じく部品の自動組み立てのスピードが上がらない。 そこでテスラは、2016年に買収したドイツの自動生産設備大手グローマンのチームを動員して、自動化工程に人を配置する半自動化ラインを導入。完全自動化が可能になるまでの「つなぎ」として活用することにした。

決算発表の当日に行われた電話会見でマスク氏は、「モデル3の苦戦はあくまで時間の問題。全体計画の中で現在の誤差は極めて些末なことだ」と強気の姿勢を崩さなかった。だが一方で、自ら「生産地獄」と表現する現状について、「こんな経験は二度としたくない。(11月の)感謝祭の日ですら、ほかのテスラ社員と一緒にギガファクトリーにいた。週7日、みんながバケーションを楽しんでいるときもだ」とも漏らした。
(略)
http://news.livedoor.com/

トムソン・ロイターのデータによると、テスラと組んでEV用電池工場を建設しているパナソニックは株価が過去12カ月で約73%上昇。同じくEV用バッテリーを手掛ける韓国のLG化学も株価が69.5%上昇している。両社は配当分を入れると投資利回りがそれぞれ3%ポイントずつ上昇する。これに対してテスラの株価上昇率は69%程度。

3社の予想利益に基づく株価収益率(PER)をみると、リターンのギャップはさらに広がりそうだ。テスラは、初の黒字転換が見込まれている2019年の予想利益に基づくPERが56倍に達している。しかしテスラは2018年末までに年50万台を生産するとの目標が後ずれするリスクがある。ハイテク企業として考えれば成長を続けており、利幅も普通だが、従来の自動車メーカーの水準にはとても及ばないという。 これに対してパナソニックとLG化学は2019年の予想利益に基づくPERがそれぞれ16倍、14倍と、はるかに妥当な水準にある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月11日 10:02 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
テスラはもつのか
テスラはEV市場の成長シナリオをはるかに上回る台数の
予約をとったから増産をあせっているのでしょう。
パナの津賀社長は「電池の生産量のほうが車の生産量を上回る状況」と。

テスラのクルマ工場はまだ実力不明。シリコンバレーの元GMの工場らしい。
高い稼働率を維持して量産を続けた経験はなさそうだ。

写真を見るとネバダの砂漠の電池工場は巨大な工場。
こちらも操業率の問題があるはず。テスラ向けが伸びないなら
他の注文をとればいいが、そうはいかない。

どちらも投資を先走って足がついていかないようです。
テスラは資金繰りが危ないようだ。パナはテスラが倒れるのを
待っているのだろう。
[ 2018/02/11 12:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp