韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  南北首脳会談、今こそ本当に韓国が朝鮮半島の「運転席」に座る時

南北首脳会談、今こそ本当に韓国が朝鮮半島の「運転席」に座る時

先週末に大統領府で行われた文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮高官級代表団の昼食会で、北側が南北首脳会談を提案すると共に、文大統領を招請した。金正恩委員長の実妹の金与正(キム・ヨジョン)第1副部長が代表団に含まれた時から、北朝鮮最高指導者のメッセージを持って来るという推測は多かったが、いざふたを開けてみると、予想よりはるかに積極的かつスピーディに状況が進んでいる。様々な議論と憂慮があるが、朝鮮半島の緊張を緩和する決定的な契機になり得るという点で、北朝鮮の提案を歓迎する。首脳会談の実現に向けて韓国と北朝鮮、そして米国・中国をはじめとした周辺国の積極的な協力を期待する。

大統領府の発表によると、北側の提案に文大統領は「これで環境を整えて実現させて行こう」と答えたという。“条件付き受諾”と言える。文大統領のいう「環境」とは、国連の対北朝鮮制裁と「鼻血戦略」までを云々する米国の強硬一辺倒の政策の変化を意味するのだろう。南北首脳会談がこのような国際情勢を無視して開かれるのは考えにくい。そのような点で、文大統領の返答は慎重かつ現実的だ。その環境を整えていく努力を南北が共に傾けていくことが、今後の課題であろう。

韓国政府は、五輪を機にようやく迎えた解氷の機会をうまく生かすべき重い責任を背負うことになった。簡単ではないことだ。特に、マイク・ペンス米副大統領が訪韓期間中に見せた行動は失望と共に懸念を抱かせるものだった。北朝鮮が予想外の高官級代表団を送ったのは、機会があれば、米国と対話に乗り出せるというシグナルだったはずだ。しかし、ペンス副大統領は開会式レセプションで、北朝鮮代表団と挨拶も交わさず、5分後に席を立った。外交的非礼であるだけでなく、五輪を祝うために同盟国を訪問した人の行動としては無礼きわまりない。





文大統領が首脳会談に「環境を整える」という条件を付けたのは、誰が見ても米国を考慮した答えだ。韓国政府がこのように米国を配慮しながら北朝鮮と接触しているのに、米国が韓国政府と韓国国民の感情は眼中にないように行動するのは、同盟として取るべき態度ではない。文大統領が事実上、朝米関係の進展を北側に提示したから、今度は米国がその糸口をつかむ努力を見せてほしい。「非核化」は結局、朝米対話と交渉を通じて行わざるを得ないということを、トランプ政権は認めなければならない。
http://japan.hani.co.kr/

韓国で開幕した平昌五輪が、前例のない奇異な五輪として歴史に名を残しそうだ。直前での北朝鮮の“乱入”によって、五輪は一気に政治色が強まった。国際スポーツの祭典は、北朝鮮や“民族”が前面に出る形で思わぬ方向に向かい、本来、注目されるべきはずの競技をよそに、朝鮮半島内部での一方的な政治的な盛り上がりを世界に見せつけている。芸術団、応援団の派遣など、次から次へと北朝鮮が繰り出してくる提案や要求に、韓国側は驚きや喜びに浸る間もなく、応じ続けた。この相手を驚かせ自分のペースに物事を進めるというのは、北朝鮮が韓国への攻勢に使う手段である。

北朝鮮のわがままを聞き入れ、「民族和解」を前面に出したワンマンショーまがいのことを許していることについて韓国では反発も少なくない。反北朝鮮デモは例によって各地で起きており、親北団体の集会と一触即発という出来事は日常茶飯事。とにかく、五輪が開幕しても韓国は騒がしい。 テレビをつければ、北朝鮮の芸術団の韓国での公演が映し出される。韓国が朝鮮半島の主権を握ることは無い。北朝鮮の思惑は、米国との対話と制裁解除に加えて、朝鮮半島の主権を奪うことにある。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月12日 08:47 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp