韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  40年前に世界最大のタンカーを造れた日本、10万トンの空母を何故造れない?

40年前に世界最大のタンカーを造れた日本、10万トンの空母を何故造れない?

2018年2月11日、中国メディアの東方網は日本がなぜ10万トンクラスの航空母艦が造れないのかについて分析する記事を掲載した。 記事は1970年代に住友重機械工業が世界最大のタンカー「ノック・ネヴィス」を製造したことを紹介。その積載量は約56万トンで、船体の長さは460メートル近く、幅は69メートル近くの巨大なタンカーで、世界最大級の排水量である米国のフォード級やミニッツ級空母をも上回ると紹介した。

そのうえで、日本は戦後に経済が急速に成長し、重工業も米国の需要などもあって発展した結果、造船業も大きく進歩したと記事は分析。その技術は世界一流にまでなったとした。 では、高い造船技術を有している日本は、なぜ空母を造れないのか?その理由について記事は、一般の船舶と軍艦工業には明確な違いがあるからだと分析。軍艦の設計指標は一般船舶よりずっと高く、10万トンクラスの空母の要求は非常に高いため、日本に基本的な船舶製造能力があることは、日本に10万トンクラスの空母製造能力があることを意味するわけではないと論じた。

また、航空母艦の建造には 非常に広い分野の業界が関係しており、例えばロシアのアドミラル・クズネツォフ級空母では、数千もの業界、数万社もの企業が参加して建造されたと紹介。従って、日本は相当高い建造能力があるとはいえ、大型の船舶用レーダー製造経験がないなど、日本の多くの業界にはできないことがあると論じた。
http://www.recordchina.co.jp/


巨大タンカーと空母を一緒にすること自体無理がある。でかい船体に油を積むだけのタンカーと空母を一緒には出来ない。1970年代に住友重機械工業が世界最大のタンカー「ノック・ネヴィス」を製造したことを紹介。その積載量は約56万トンで、船体の長さは460メートル近く、幅は69メートル近くの巨大なタンカーで、世界最大級の排水量である米国のフォード級やミニッツ級空母をも上回る。

だが高い造船技術を有している日本は、なぜ空母を造れない理由について、一般の船舶と軍艦工業には明確な違いがある。軍艦の設計指標は一般船舶よりずっと高く、10万トンクラスの空母の要求は非常に高い、日本に基本的な船舶製造能力があることは、日本に10万トンクラスの空母製造能力があることを意味するわけではない。

何より、「憲法第9条の趣旨についての政府見解」によれば、日本は「攻撃的兵器を所有することは、自衛のための必要最小限度の範囲を超えることとなるため、いかなる場合にも許されない」としている。この攻撃的兵器には、大陸間弾道ミサイル、長距離戦略爆撃機、そして攻撃型空母が含まれるため、日本が空母を建造しないのは憲法によって所有が認められていない事による。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年02月13日 09:18 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp